ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【各季節の攻め方】三宅貴浩が考える琵琶湖1年のシーズナルパターン【使うルアー】

琵琶湖のバス釣り完全ガイド

先日、琵琶湖プロガイド・三宅貴浩さんのロケに行ってきました!

琵琶湖のプロガイドとして1年中湖上に出ている三宅さんに1年間のシーズナルパターンをガッツリ聞いてきました!

各季節ごとにどのような狙いでどんなルアーを使うのか教えていただきましたよ!

春の攻め方・使うルアー

基本的にウィードが多くはない春。

特に今年などはウィードが少ない年でした。

そうなってくると狙い目になるのは浚渫の地形変化やミオ筋などのハードボトム、マンメイド系の縦ストラクチャー。

こういったエリアをダウンショットリグなどのボトムを狙えるリグを使ってアプローチします。

HPシャッドテール3.1インチのショートDS


出典:O.S.P 公式・HPシャッドテール商品ページ

ライトリグだけでなくスイミングジグなどもありです。

三宅さんのオススメの組み合わせはウィードライダー1/2オンス+ドライブシャッド4.5インチ!


出典:O.S.P 公式・ウィードライダー商品ページ


出典:O.S.P 公式・ドライブシャッド商品ページ

また、インサイドのシャローの釣りもアリです。

テキサスリグを使ったカバー撃ちやカバークランキングなども効果的です。

ラトリンブリッツMAX


出典:O.S.P 公式・ラトリンブリッツMAX商品ページ

ドライブビーバー3.5インチの5gテキサスリグ

出典:O.S.P 公式・ドライブビーバー商品ページ

スポーニングを意識しだしたら…?

そして季節が進んでスポーニングを意識するようになってくるとやはり水深がそこまで深くない場所やハードボトムがアツくなってきます。

シャロー周りのストラクチャーをダウンショットリグで狙うのもアリです。

ウィードが伸びてきたらスナッグレス性の高いテキサスリグなども効果的。

ヘビーダウンショットなんかも活躍してくれます。

アフターはどう狙う?

やはりアフターの魚はスローに釣っていくことが大切です。

とはいえ、同時にすべての魚がアフターの状態であるわけではありません。

回復した個体もいるはずです。

ウィードの伸び次第では水面系なんかも炸裂してくれる場合も!

トップが効くときはラウダーや飛距離が欲しいシチュエーションではヤマトなどが活躍してくれます。


出典:O.S.P 公式・ラウダー商品ページ

出典:O.S.P 公式・ヤマト商品ページ

トップにできらないときはサブサーフェイス系でアイ・ウェーバーなどもアリです。

出典:O.S.P 公式・アイウェーバー商品ページ

もう少しレンジを下げてフローティングタイプのジャークベイトやスピナベなどが効くときもあります。

出典:O.S.P 公式・ルドラ130F商品ページ

出典:O.S.P 公式・ハイピッチャー商品ページ

テキサスやダウンショットリグなどフォールで見せるタイプの釣りも威力を発揮します。

夏以降の攻め方と使うルアーは次のページへ!

1 / 2
次へ