ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【デカバス2ケタ】三宅貴浩のハイプレ時の切り札!HPシャッドテールのショートDS

琵琶湖のバス釣り完全ガイド

ショートDSの破壊力

実は琵琶湖ガイドになる前のトーナメンターの時代からショートDSを愛用していた三宅さん。

当時はまだリーダーレスDSやパンチショットという概念がない時期でしたが、超ショートリーダーのDSでその破壊力を身をもって体感していたそうです。

琵琶湖に来てからもその威力は健在でした(そのときはHPシャッドテールがなかったのでドライブスティック3.5インチを使っていたそう!)。

どこでも誰でも使える!

なんと言ってもこのリグの魅力は場所を選ばず釣れること。

短いリーダーにすることである程度のカバーなら撃つこともできますし、中層スイミングもOK。

沖の浚渫エリアなどのボトムも探れます。

ボート・陸っぱりも関係なし!

すべての状況で使えるといっても過言ではない利便性の高さを持ちます。

シャローカバーもOK!

沖もOK!

他のリグに比べても万能

琵琶湖では多いのですが、腐ったウィードなどが堆積した場所でもワームがドロドロにならずに使えます。

ネコリグなどはすぐにドロドロに…。

またフリーリグだとカバーを撃つのは得意ではありません。

TXよりもナチュラルで食わせ能力は高い!

ショートDSはどこでも使える万能リグなのです。

HPシャッドテール・ショートDSの使い方

シャローカバーで使う場合

リーダーがある分、当然ヘビーカバーに入れることは難しいですが、軽めのカバーやリーズ撃ちには問題なく使用できます。

リーズエリアはまったく問題なし

底まで落としたら回収、そしてまたキャストという感じでTXやラバージグでカバーを撃つイメージで使用すればOK!

リーダーをさらに短くすればするほどカバーへの対応力が上がります。

沖の浚渫エリアで使う場合

狙う時期にもよりますが、今の時期ならハードボトムを狙うのがオススメ!

浚渫の浅い側の硬い地質のエリアにキャストし、着底させます。

そこからズル引きして硬いところを探していきます。

何かに当たったら、止めたりシェイクしてアクションさせたりします。

コリコリする場所を探すべし!

とにかく何か硬いものを探すのが基本!

シンカーがモロにむき出しのDSはこの底質の把握がしやすいですよ!

ハイプレフィールドで釣りをする際はぜひこのリグを!

三宅さんのハイプレ時の切り札・HPシャッドテールのショートDSでみなさんもバスをキャッチしてくださいね!

2 / 2
前へ