ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

永野総一朗「琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査・第53回」

琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査・第53回

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

暖冬の影響か今年は季節の進行が早い!?

例年だとGW前後に真っ盛りになるスポーニングが4月中旬に真っ盛りとなりました。

バスの待機場所は一気に変わった!

パターンもガラッと変わり、これまではミオ筋や浚渫ディープに待機していたプリのバスをヘビダンやテキサスで狙い撃っていたのですが、 少し深めの待機場所からバスが一気に消失!

西岸ワンドの1- 2m、浚渫でも穴ではなくハードボトムの山へとポジションがシフト。

バイトもミッドスポーン特有のショートバイトや甘噛みが多く、 ボリュームのあるルアーやワームより、ジグヘッドリグを中心としたライトリグでスローに誘う釣りが有効となってきました。

また、ウィードが無い為にバスの止まる場所がなく、フラットをウロウロとしているバスも多く、これはこれで絞り辛く狙い難い日が続いているのがここ最近の状況 であります。

スタッガーワイド2.7インチのライトキャロがオススメ

そんなバスを釣るのに、たまらんばい的に最も有効なのがズバリ、 スタッガーワイド2.7インチ& クイックチェンジャーを使用したライトキャロ(細かいセッティングは下の「今週のたまらんタックル」参照)。

西岸、東岸問わず、 ハードボトム&ウィードの新芽が絡むと場所を広く探ります。

ボートなら風上にキャスト後、ロッド3本分のラインを出し、 あとはズルズルと風やエレキに任せて引っ張るだけ。

スピードはGPS魚探の速度計で0.7〜1.5km/ hがベストです。

ボウズ逃れのファイナルウェポンです!

今週のたまらんタックル

スタッガーワイドキャロ タックルセッティング

●ロッド:macca red 69L
●リール:19ヴァンキッシュ2500
●ライン:アブソルート5ポンド
●フック:フッキングマスターltdヘビークラス#1/0
●スイベル
●シンカー:TGグレネードクイックチェンジャー2.5-3. 5gをスイベルにセット
●リーダー:アブソルート8ポンドを40-50cm程
●ワーム:スタッガーワイド2.7インチ