ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジャッカル・杉山代悟が解説】NEWナブラミノー&ライザーベイト

ジャッカルソルトルアーに新たに仲間入りしたビッグバッカー・ナブラミノー120SLBBライザーベイト120SLを、杉山代悟さんが解説。

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの24歳。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

いずれも現在はプロト段階のナブラミノー120SL、BBライザーベイト120SLですが、「SL」これはSLIM LONGということで、スリムに長くなっているのが特徴なのです。つまり、飛距離! 圧倒的な飛距離を稼げるようになりました。

ナブラミノー120SLは30g前後になる予定。ショアだけでなく、オフショアにも使えるルアーになっています。スリムになり、飛距離はもちろん、細身のベイトフィッシュもイミテートすることが可能で、波動もよりナチュラルに!

BBライザーベイト120SLは、BB(ビッグバッカー)と新機軸ルアーであるライザーベイトのコラボレーションルアー。さらなる飛距離を可能にしたスリムロング形状をライザーベイトに搭載、そして巻けば浮上するライザーベイトの特性も併せ持つので、遠距離の表層攻略ができるワケです。ファーストリトリーブをメインにアプローチするとイイ感じじゃないでしょうか!

ジャッカル

1999年、現代表取締役会長・加藤誠司氏と現代表取締役社長・小野俊郎氏により設立。所在地は滋賀県大津市。国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ、アジアでも釣具の販売を展開。特にルアーフィッシング用品には各ジャンルで名作が多い