ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スイミングジグヘッド&スイミングジグ】冬琵琶湖の最新デカバス釣りテク【寄稿by杉村和哉】

皆さんこんにちは!琵琶湖ガイドの杉村です。

本当に寒くなってきて北湖も南湖も水温は一桁台。

だけど今年は暖冬の恩恵を相当受けて北湖の水温は9度台のエリアは多く、水は暖かいまま。

1月の下旬に差し掛かろうと言う時期にこの水温は僕がガイドを始めてはじめてのこと。

 

最近の琵琶湖の冬バス狙いでメインとなっているのはスイミングジグヘッド&スイミングジグの釣り

さて最近の当ガイドでの冬バス狙いと致しましてはスイミングジグヘッド&スイミングジグの釣りをメインとしております。

スイミングジグヘッドの釣りをするにはメガバス・ボディーバランス3/8oz、1/2ozスパークシャッド5インチをセット。

それを北湖・南湖の一文字、取水塔、魚礁周辺にキャストし喰わせるという作戦。

ちなみにスイミングジグも同様の使い方でマンメイドに対し巻いていきます。

 

メガバス公式ボディバランス詳細ページはこちら

メガバス公式スパークシャッド詳細ページはこちら

 

スイミングジグヘッドとスイミングジグの違いとしては、大まかにスイミングジグヘッドがラバーも無い分シルエットも押さえることが出来、よりナチュラルなアクションでバスからのバイトも多く出せる。そのかわりにバスのサイズも下がる傾向もある。

対してスイミングジグは皆様ご察しの通り比較的大きなバスに対してアピールが出来て50cmアップ、さらには60cmアップも狙えるルアーとなってきます。

 

メインエリアは真野の一文字、赤野井一文字、北山田一文字、または南湖の各漁礁、各取水塔周辺

僕のメインエリアは真野の一文字、赤野井一文字、北山田一文字、または南湖の各漁礁、各取水塔。

 

『1キャスト当たりボトムにルアーを2回当てるくらいの速さで巻く』のが巻き速度の目安かなと思います。

特に一文字に射してくるバスは食い気のある高活性な個体が多く比較的大きな魚が多いのも特徴。真冬に水深1m台を攻めるからと言ってそこは臆せず、果敢に攻めてみるのが釣るためのコツかなと思います。

 

プロトルアーでも釣果がでてます

またゲストさんにスイムジグヘッド、もしくはスイムジグを投げて頂いている間に、僕はメガバスのとあるプロトルアーをキャストしていることが多く、こちらでも釣果は出ております!発売をお楽しみにっ!

 

冬の琵琶湖スイミングヘッド&スイミングジグ攻めタックル!

今回ご紹介した攻めでのタックルですが、使用ロッドはVALKYRIE72Hロジウム63、ラインはドラゴンコールマイルドフロロ16lb.の組み合わせがベスト。14lb.だとルアーが丸飲みにされることが多いスイミングジグ系の釣りではブレイクしてしまうことも多々あるので16~20lb.がお薦めです。

メガバス公式ヴァルキリー72H詳細ページはこちら

 

メガバス公式ロジウム63詳細ページはこちら

メガバス公式ドラゴンコールマイルドフロロ詳細ページはこちら

 

最後に、、、、『波が当たってダバダバの一文字』は見てるだけで寒々しいのですが、実は良く釣れるってことを書き加えておきますねっ!