ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

東条湖現場ナマ情報by三原直之【週刊ルアーニュース(1/11発売号)】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「東条湖」!

東条湖(とうじょうこ)ってどんなトコ?

ビッグバイトというレンタルボート屋さんアリ

近畿で3番めに古いバスフィッシングの歴史を持つ湖で、大きなサイズの目撃情報も多数。本流から上流までシーズナルに釣りを楽しむことができる。

三原直之(Mihara Naoyuki) プロフィール

東条湖をホームに2015年からTOP50メンバーとして日々戦っている。トーナメントの傍ら、東条湖観光スタッフ&ヒューマンフィッシングカレッジのトーナメントスキル講師としても活躍中。

今週の東条湖ナマ情報

現在の状況は?

みなさん、新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

さて、正月明けの東条湖ですが、水温は10ー11度。

水位はまた少しずつ減水しはじめており、水質はステイン~クリアといったところでしょう。

水温もやっと1ケタ台に入りそうなところで、やっと冬がきたような感覚です。

今シーズンの東条湖は、ディープでの数釣りが好調で、じっくりやればとりあえず釣れるというぐらいまで安定して釣れています。

エリアは?

エリアは12月半ばから変わっておらず、各ワンドの入口にある急深な岩盤質のエリア。

具体的には、いこいワンド出口、サーフィンワンド出口、昇降桟橋沖など。

ほとんど変わっていませんが、水深が少し深くなって8-12㍍ラインをダウンショットやメタル系でじっくり釣っていくと拾えるような感じです。

一方、ビッグサイズはニアディープのシャロー。そのシャローに身を隠せる場所があること。これが条件!

シャローにいるような魚はまだまだ動けるので、真冬らしいアプローチでは見切られてしまいます。

オススメはビッグベイトとジャークベイト。この2つのルアーをアプローチするなら風が当たっている方がよいので、タイミングを見ながらシャローに入って仕留めるべし!

次のページでは今週の爆発予想スポットを紹介!

1 / 2
次へ