ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

淀川現場ナマ情報by小田圭太【週刊ルアーニュース(1/11発売号)】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「淀川」!

淀川(よどがわ)ってどんなトコ?

写真は淀川でもかなりの人気スポット、城北ワンド

関西を代表する大規模河川の淀川。ワンドも多く存在し、陸っぱりアングラーで連日賑わうかなりのハイプレリバー。難しい分毎年ナイスバスがあがっており、そのポテンシャルは計り知れない。アクセスもしやすく気軽にバスフィッシングが楽しめるまさに都会のオアシス。

小田圭太(Oda Keita) プロフィール

淀川や神崎川、猪名川、一庫ダムなど、大阪近郊の都市型フィールドをはじめ、各所の野池や琵琶湖、リザーバーなどに荒精通するアングラー。ボートハウス・ラッシュ所属プロガイド。

今週の淀川ナマ情報

今週の淀川の状況は?

こんにちは! 年末年始の寒波で水温が8度台まで下降した淀川。

1月は最低水温を迎える厳寒期となります。エビやザリガニなどの甲殻類が越冬モードとなるためワームでじっくり狙うだけではダメとなり、スイミング系の横方向の釣りや、縦の釣りでもウエイトを重くして、魚食性の高い魚を反応させる必要があります。

根掛かりが多い淀川ではメタルバイブは使いにくいため、パンチショットリグやヘビーDSなどを、3/8ー1/2㌉にウエイトアップ。

ワームもコンパクトでフォールスピードを邪魔しないモノをセレクトしましょう。

ラインも12ー14㍀とやや細めをセレクトすることで、フォールスピードを妨げ難くなります。

あまり太いラインやクセが付いたラインもスピードを殺してしまうので注意したいですね。

狙うべきエリアは?

エリアに関しては個人的にはバスのレンジが上下しにくい上流エリアが釣りやすく感じます。

一見下流エリアの方が水深があり釣りやすそうですが、バスが様々な場所にポジションできすぎて、エリアを絞り込むことが難しくなります。流れが速く、水深も浅い上流ならバスが付く場所はハイシーズンとあまり変わらないため、狙いドコロが絞りやすくなります。

冬らしい場所よりもバスのフィーディングスポットを意識し、エサ場に入ってくるタイミングに合わせるのがウインターシーズンのビッグフィッシュを狙うキモとなります。

次のページでは今週の爆発予想スポットを紹介!

1 / 2
次へ