ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

タルイカゲームの基本

タルイカゲーム。福井・敦賀沖では今期タルイカが絶好調! タルイカ(ソデイカ)は、大きく成長するイカで、今期の敦賀沖では15kgオーバーのグッドサイズまで上がっており、乗合船では1人で2ケタ釣果を上げる人もいて驚きです。

そんなタルイカゲームの超基本を解説!

タックル

■ロッド
数こそ少ないもののタルイカゲーム専用竿もあります。代用するならライトジギングロッド、スロージギングロッドなど

■リール
メインラインPE1.5~2号が300m巻けるラインキャパのジギング用小型リール、または小型電動リール

■リーダー
フロロカーボン8~12号(30~40lb)前後5~10m

■ジグ
タルイカ専用ジグ150~210g
※カラーはグロー系を中心に数色用意しておくとよい

ジークラック・五右衛門スッテのシルバーグローストライプ。五右衛門スッテは全色にグローが施されている。タルイカ狙いではグロー系中心のチョイスになる

釣り方

タルイカゲームでは、タナがカギ。船長から指示ダナ(〇〇mから〇〇mを探って的な)が出されたら、その間でヒットしてくるタナを探る。

具体的なアプローチの一例は次のような流れだ。

①指示ダナ上限でソフトな誘いを3~5回ほど
②次に大きく竿1本分上げて、素早く竿先を下げフリーフォール
③ロングステイ(20~30秒)

アタリがなければもう一度大きくシャクってから、5mほどフリーフォール。以降、5m刻みで誘い下げていく。指示ダナ下限まできたら、続いては上へと誘い上げていく。

①一度大きく竿をあおってアピール
②ジグが落ち着いたら、スローなワンピッチジャークから最後にロングジャーク→フリーフォール。これも5m刻みで上へと誘う

基本的にはゆったり大きな誘いとロングステイがキモとなる。また、タルイカはツガイ(ペア)でいることが多いので、1パイヒットしたらもう1パイが近くにいることが多い。そのため、ヒットしたタナを船中で共有するのも釣果を上げるコツとなる。