ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

フィネススペック・ベーシックスペックあなたはどっち派?SLJからタチウオジギングまで網羅したライトジギングロッドが登場!

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

度々こちらの記事でも紹介していた「AXIA TRACK(アクシア トラック)」のライトジギングモデルがついに発売となりました!

「アクシア トラック」は、エクリプス初となる多魚種対応のロッドシリーズ。

“釣果や魚と対峙した楽しい時間や記念すべき瞬間を刻むレコーダー(記録機)としての存在”をコンセプトに、ロックフィッシュやシーバス、ボートシーバス、ライトジギングなど様々な機種が展開されています。

全機種ともにコストパフォーマンスにも優れ、ビギナーから経験者も納得のハイスタンダード仕様!

ライトジギングモデルも人気のSLJからタチウオジギングまで幅広く対応したスペックとなります!

近海のライトジギングを網羅したスペック!

オフショアゲームの登竜門としても人気の高いライトジギング。

近年は細分化が進み、より軽いジグを使用したSLJなどジャンルは多岐にわたります。「アクシア トラック」ライトジギングモデルでは、SLJから深場のタチウオジギングまで幅広く対応!

ビギナーの方でも選びやすいよう機種も「ATC-LJ63L」と「ATC-LJ63ML」の2種類に限定。どちらもバットジョイントの2ピース設計なので、電車での釣行にも持ち運びしやすい仕様となります。

脇に挟んでやりとりがしやすいグリップ設計になっているので、大物とのファイトでも負担が軽減されています。

フィネススペック・ベーシックスペックあなたはどっち派?

さて、気になる各機種について。

それぞれを一言で表すならば、「ATC-LJ63L」は“フィネススペック”「ATC-LJ63ML」は“ベーシックスペック”となります。

以下ではそれぞれの機種の特長を解説していきます。

SLJなどにも最適なフィネススペック「ATC-LJ63L」

まずフィネススペックの「ATC-LJ63L」ですが、こちらは主に60~80gといった比較的軽量なジグの扱いに長けているのが特長。

ベリーからティップにかけては非常にしなやかな仕上がりで、活性が低いときなどに多い浅いバイトでもしっかり掛けることができます。

特にタフコンディションのタチウオジギングなどにも活躍するので、よりテクニカルな場面にも重宝するでしょう。

しなやかで軽めのジグと相性が良い「ATC-LJ63L」ですが、最大で160gのジグまで背負うことが可能。

バットにも十分なパワーを持たせてあるため、青物やドラゴン級のタチウオにも余裕でやりとりができます。

モデル タイプ レングス ルアー ライン 価格(税込)
ATC-LJ63L ベイト 6ft 3inch MAX 160g PE 2号 27500円
近海のライトジギングで多用できるベーシックスペックの「ATC-LJ63ML」

続いてはベーシックスペックの「ATC-LJ63ML」。

 こちらはタチウオジギングで一般的に使用する100~120g前後のジグが扱いやすい、近海のライトジギングの様々なシーンで活躍できる1本となります。浅場から深場まで幅広く使用することができ、ドラゴンサイズのタチウオや青物にも一切負けないパワーが持ち味です。

ジグも最大で200gまで対応しているので、汎用性も高く一本あれば何かと活躍する場面が多いロッドといえるでしょう。今のシーズンのタチウオジギングやシーバスジギングなどにもオススメです!

モデル タイプ レングス ルアー ライン 価格(税込)
ATC-LJ63ML ベイト 6ft 3inch MAX 200g PE 2号 27500円

「アクシアトラック」は来月開催の「フィッシングショー大阪」のリングスブースにて全機種展示予定です。

先日の「釣りフェスティバル2024」では、モバイルロッド仕様のバチコンアジング用も発表されるなど、今後も非常に注目度の高いロッドシリーズとなります。

ぜひ気になる方はリングスブースへお越しください!

4ピース仕様のバチコンアジングロッド!エクリプスの「AXIA TRACK(アクシアトラック)」の新機種が楽しみすぎる!

ECLIPSE(エクリプス) プロフィール

2006年にツネミで設立したオリジナルのルアーブランド。 ショアのルアーゲームから沖釣りまで、ソルトゲームを楽しむためのルアーやロッドなどを展開するソルトウォーターブランド。