ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

絶妙なカーブ。一度使ったら戻れない「宵姫 アルミフィッシュグリップ」

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

サンプルを製作、現場でテスト、よりよい製品に変更…。コダワリを持って作られたアジ用フィッシュグリップが「宵姫 アルミフィッシュグリップ」。

宵姫 アルミフィッシュグリップ 22cm LE127

出典:ラグゼ公 

ツインブレード、グリップの握りやすさや、握りが滑って抜けないような加工、当然錆にも強く耐久性もあり。フィッシュグリップあるあるだけれど、結局のところ安価なものを複数購入するより、求めていた性能がギッシリ詰まっていると「もう戻れない」状態になる。

釣果に直結するかといえばそうではないかもしれないけれど、ストレスなく掴める、次の投入までスムーズに。何より使っていて気持ちイイというのは釣りにおいて意外や重要で、やっぱりフィッシュグリップとはいえ立派なフィッシングタックルのひとつである。

だから「宵姫 アルミフィッシュグリップ」も、その存在の発表から実際に販売されるまでに一年ほどのブラッシュアップ期間があった。

さてさて、その機能性については以下の記事も参考にしていただければ。

発売まで時間が掛かったのにはワケがあった…。ブレード形状をさらに改良して「宵姫 アルミフィッシュグリップ」が11月登場予定

そのカーブ、絶妙につき

ラグゼのライトゲーマーといえばもちろん藤原真一郎さん。この宵姫 アルミフィッシュグリップにも、藤原さんのコダワリを乗せている。

先にも述べた通り、ブレード部分からグリップまで、一度使ったら戻れない、細部まで妥協なしな設計となっている。

その中でもやはり特筆すべきはブレード部分の絶妙なカーブ。もちろんこれはアジの丸みを帯びた側面にマッチするための工夫で、収まりが抜群。ブレード部分ももちろん大事なんだけれど、そもそも魚体にフィットしてつかめるか…という部分でこれでもかというくらいアジにマッチしたフィッシュグリップ。

もちろんアジ以外のフィッシュグリップとしても優れた性能を発揮します。どうせなら一生モノを…とお考えならぜひぜひチェックしてみてください!

ラグゼ公式「宵姫 アルミフィッシュグリップ」詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。