ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

モデルチェンジでより実釣性能を研ぎ澄ました本格派。シマノ「エンゲツプレミアム」いよいよ登場

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

いろんな釣りがありますが。

巻きの精度、フォールスピードの調整、レンジの把握…と、リールの性能が釣果に直結する釣りといえば、タイラバもその1つ。

そんなタイラバの“専用リール”シマノ「エンゲツ プレミアム」がモデルチェンジ、いよいよ12月に登場です!

エンゲツ プレミアム

2023年12月登場予定

シマノ公式「エンゲツ プレミアム」詳細ページはこちら

どんなロッドにも合いそうなシンプルで洗練されたデザインが良い感じ。

どこが変わるのか

気になるのは、モデルチェンジによってどこがどう変わるのかということ。

①フォールレバー

ひときわ目を引くのがフォールレバー。ワンウェイローラーベアリングを組み込んだ画期的な新機構を採用しており、フォールレバーを締め込んでも巻きが重くなることがないため、巻き上げ時の感度が損なわれないというメリットが。また、上面にくぼみを持たせた新形状はフィット感の向上に貢献、レバーを下げた位置からでも中指で持ち上げやすくするため、少し幅を持たせた形状になっていて、フォールスピードの使い分けが容易に。さらに、ライン放出時にスプールとレベルワインドが連動する構造を採用しているため、極めてスムーズに仕掛けをフォールさせることが可能。

②軽量化

「C14+」にアップデートしたサイドプレート部分を筆頭に、ディテールまで重量を見直すことにより全体で、全モデル比30g減という大幅な軽量化を実現。握り込みやすいロープロファイルのボディデザインと合わせ軽快な操作性が魅力。

③巻上距離アラーム

カウンターの水深表示に目をやることなく、巻上距離を音で察知できる巻き上げ距離アラームを搭載。

こちらにも注目

他にも、スプール回転と糸巻量の関係をデジタルカウンターに記憶させ、この関係を用いて水深を表示させる「糸巻き学習」や、大型化して持ちやすくなったハンドルノブ、そしてHGに関してはギア比とハンドル長が見直され、巻き感度と巻き重りのバランスが見直されているなど、“より実戦的”なモデルチェンジとなっている点にも注目したい所。

関連動画をチェック

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

スペックはこちら

品番 ギア比 最大ドラグ力(Kg) 自重(g) スプール 径(mm)/幅(mm) 糸巻量PE(号-m) 最大巻上長(cm/ハンドル1回転) ハンドル長さ(mm) ベアリング数BB/ローラ― 夢屋ハンドルノブタイプ 夢屋ハンドルタイプ 本体価格(円)
150HG 7.4 5 220 32/22 0.8-400, 1-330, 1.5-200 74 55 8/2 A BH-1 46,500円
150PG 5.8 6 220 32/22 0.8-400, 1-330, 1.5-200 58 51 8/2 A BH-1 46,500円

※エンゲツプレミアムは全機種PEライン専用
※スプール糸巻き部の溝は、それぞれ1/3、2/3を表しています

基本、落として巻き上げて、また落として…という単調ながら奥が深いタイラバ。

リールがアドバンテージになれば…新しい扉が開けるかも?

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。