ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

スモラバ講座【フルにポテンシャルを引きだせば、もっと釣れる】

今回はスモラバについてのお話です

こんにちは!横川隼大です。

少し前にはスポ―ニングについて、記事を書かせていただききました!

春バスの行動徹底解剖!サイズ別オスメス別に解説【寄稿・from横川隼大】

さて、今回は趣向を変えて「スモラバ」について、解説していきます。

 

横川隼大HAYATA  YOKOKAWA   JBスーパーバスクラシックを史上最年少で優勝(2009年)。趣味: ルアーいじり。1989年生まれ、埼玉出身、静岡在住

インスタ
https://www.instagram.com/hayatayokokawa/

Facebook
https://www.facebook.com/hayata.yokokawa

 

スモラバのポテンシャルをフルに使えば、実は獲れるバスがかなり増える!

今さらスモラバ? と思うかもしれませんが、実際にスモラバのポテンシャルをフルで使えているアングラーって、以前の自分も含めて少ないと思うんです…。

なぜ、そんなことをいうのか? というと、スモラバを限定的にな使い方で使っている人が多いと思っているからなんです!

スモラバで取りこぼしているバスを反応させるためには?

例えばベイトフィネス! に関してですが…。
ベイトフィネスでスモラバを使用する時ってメインはカバー撃ちになると思います。
もちろんカバー撃ちでのスモラバの破壊力はスゴいんですが、実は取りこぼしているバスも存在していると思うんです。

もし、スモラバをカバーに撃ち込む!っていう限定的な使い方ではなく、さらに+αのアクションを加えることで取りこぼしているバスを反応させることができたから、獲れる魚って増えると思うんです。

先ほどの例でいうと、カバーを撃った後、そのまま、ルアーを回収するのではなく+αでスイミングしたら
先ほどまで反応しなかったバスがバイトするかもしれない…などなど…。

はっきりいってスモラバの可能性は無限大に広がる!
それを限定的に使うのはもったいないって思っているんです。

 

私がオススメするのは、スモラバのド定番!
「エグジグ」

でもスモラバといっても様々な形状があり、カバーに特化したモノやスイミング特化型など、たくさん沢山のスモラバが存在しています。

そんな中で、私がオススメするのはスモラバのド定番「エグジグ」です。

スモラバを世の中に広めた1つににもなっているエグジグ!!
発売から長い年月が経っておりますが、今なお、私を含めてトーナメントの最前線で使われているスモラバです

ジャクソン公式エグジグ詳細ページ
https://jackson.jp/lure/egu-jig/

ウエイトバリエ
1/32oz、3/64oz、1/16oz、5/64oz、3/32oz

エグジグの特徴

まず第一にオールマイティーに使えるにこと!

シャローはもちろんディープウォーターでも専用設計のシリコンラバーがわずかな水流に反応しルアーの存在感をだします。

そしてこだわり抜かれたヘッドとフックのバランス!も◎。
これはタフコンディションでバイトが小さくてもしっかりとフッキングしてくれます。

1 / 4
次へ