ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【鉛100g/タングステン150g前後まで入る】タイラバヘッドの個別収納可能な優れモノ!明邦化学工業「タイラバヘッドケース」に注目

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

タイラバヘッド。

皆さんはどのように収納されていますか? 独特な形状でチョット収納に困ったり悩んでいる方も多かったり。ウエイトのローテーションも頻繁に行うタイラバゲーム、キレイに収納して使いたい時にサッと取り出せるように準備しておきたいですよね。

そんな方へ、今回オススメするのがこちらのケースになります。

タイラバヘッドケース6
タイラバヘッドケース7【明邦化学工業】

タイラバヘッドを個別収納可能。

コンパクトな長方形型でチョットした隙間にも収納◎。

明邦化学工業から2022年夏にリリースされた「タイラバヘッドケース6」と「タイラバヘッドケース7」を紹介。

品名 サイズ 素材 税込価格
タイラバヘッドケース6 180×42×34mm ポリプロピレン ¥385
タイラバヘッドケース7 180×36×30mm ポリプロピレン ¥385

明邦化学工業公式「タイラバヘッドケース6/タイラバヘッドケース7」詳細ページ

全4アイテムからタイラバヘッド専用ケースを選ぶことが可能に

タイラバヘッド収納に重宝されているケースとして「8連ケース」と「4連ケース」の2アイテムがラインナップされていますが、1マスに収納できるタイラバヘッドが、鉛45gタングステン80gまでという風に限りがありました。ただ、今回の「タイラバヘッドケース6」と「タイラバヘッドケース7」は、従来より収納スペースが拡大されたことでより重たいウエイト、前者が“鉛100g前後でタングステン150g前後”、後者が“鉛60g前後でタングステン100g前後”まで収納が可能に。これでタイラバヘッドを個別収納できるケースは全4モデルへと拡大! より収納スタイルの幅が広がりましたね。

写真はプロトモデルです

基本的なメリットは従来モデルを継承

重たいタイラバヘッドは「タイラバヘッドケース6」と「タイラバヘッドケース7」に。それより軽い鉛45gタングステン80gまでのタイラバヘッドは「4連ケース」と「8連ケース」へ収納。このように4モデルを上手く使い分けることが可能に。

基本的なメリットは同様、タイラバヘッドを各部屋に収納することが可能。そして、コンパクトで極端な長方形型に設計されているため、収納力にも長けています! バッグや手持ちのボックスやバッカンなどもモチロンですが、やっぱり実践していただきたいのはシステム収納! 明邦化学工業の2大タックルボックス「ランガンシステムボックス」&「バケットマウス」との相性もバツグン!

明邦化学工業公式インスタグラム「meihokagaku_official」でも、オススメ収納方法がいくつか公開されていますので、そちらも一緒に紹介させていただきますね!

タイラバヘッドケースシリーズ!オススメ収納テクニック一覧

VS-7070N、VS-7070の下段にもピッタリ

本体が縦長のスリム形状なため、チョットした隙間にサッと収納可能。

VS-7080Nのインナートレイにもジャスト

フタを開ければスグ使いたい物を選ぶことができます。

ルアーホルダーBMにもこの通り!

タイラバヘッドを頻繁にローテーションする際はこういう収納方法も◎!

以上、「タイラバヘッドケース6」と「タイラバヘッドケース7」を紹介しました。

より重いタイラバヘッドを収納できるようになったことで、収納スタイルの幅が広がると共に従来から受け継がれた個別収納やコンパクト形状も、日々のタイラバゲームで役立ってくれるハズ! ぜひ一度お試しを。

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!