ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャックアイTGとジャックアイTGスイムで岩国沖サワラキャスティング!今年は「静」と「動」の使い分けが必須⁉

寄稿:橋本 翔大
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは。

ハヤブサスタッフの橋本翔大です。

もはや毎年恒例になりつつある岩国沖ブレードゲーム。今年も行ってまいりました。

例年と比べてバラシが多くアタリも少ない中でしたが、それでもしっかりとサワラを釣ることができましたので、その釣行を振り返りたいと思います。

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

今年は“ジャックアイTG”と‟ジャックアイTGスイム“ の使い分けが釣果を左右す!?

毎年恒例となりつつある岩国沖サワラキャスティング。今年も「遊漁船 魚籠」様にお世話になり、大本命のサワラを狙います。

イワシの居場所はすでに船長が見つけていたらしく、朝一からポイントへ直行。風が強くなかなか釣りがしにくい状況ではありましたが、ジャックアイTGのミドキン40gでハマチをゲットすることができました。

また、同行していた津田さん(通称マダイパイセン)もメジロとサゴシをゲット。

そもそもジャックアイTGとTGスイムはどういった違いがあるのか。それは、分かりやすく言うと「静」と「動」の違いです。

ジャックアイTGはただ巻き時にボディは極力動かないように設計されたナチュラルアピールモデル。シルエットもかなりコンパクトなので、活性が低い時やマイクロベイトパターンなどで大活躍します。ブレードを装着すればボディは動かずにブレードのみが回転してアピールしてくれるため、まさに「静」の誘いに特化したタングステンジグになります。

一方TGスイムはというと、その名の通り「スイム」するタングステンジグ。

ただ巻きすればボディ全体がまるでスラロームするように動くハイアピールモデルです。青物の活性が高い時や、ベイトが多くよりジグを目立たせたい時に有効なジグです。シルエットはTGと比較して平べったく、リア重心のため飛距離にも特化しています。

以下、推奨するシチュエーションでまとめてみました。

ジャックアイTG:
潮が緩い・バーチカルで反応がある・活性が低い・マイクロベイトパターン・ベイトが少ない

重さ カラー メーカー希望小売価格(税込)
30g 7色 ¥1,375
40g 5色 ¥1,650
60g 6色 ¥2,200
80g 10色 ¥2,750
100g 10色 ¥3,300
120g 3色 ¥3,850
150g 2色 ¥4,620

ハヤブサ公式「ジャックアイTG」詳細ページはこちら

ジャックアイTGスイム:
潮が効いている・広範囲を探る必要がある・活性が高い・ベイトが多い

重さ カラー メーカー希望小売価格(税込)
30g 5色 ¥1,430
40g 5色 ¥1,705
60g 5色 ¥2,255
80g 3色 ¥2,750
100g 5色 ¥3,300

ハヤブサ公式「ジャックアイTGスイム」詳細ページはこちら

ちなみにどちらも通常巻き~鬼速巻きまでどの巻きスピードにも高次元で対応できるため、岩国沖のサワラ狙いにはバッチリハマりますよ。

本命のサワラはジャックアイTGスイムでゲット!
状況に合わせたルアーセレクトが功を奏しました!

潮の流れが変わり、朝よりもベイトの量が増えてきました。ここまでベイトが増えてしまうと、状況的に良いことは間違いないのですが、ジグの種類を選ぶ必要が出てきます。

あまりに多くのベイトの中でジグを目立たせるには、ジグのアピール力を増強させるほかありません。先ほどまでジャックアイTGを使用していましたが、この状況こそTGスイムの出番。

TGスイムの巻くだけで自発的にアクションするアピール性能はこの状況でこそ真価を発揮します。

そしてTGスイムの40g・ケイムラピンクイワシでついに念願のサワラをゲットすることができました。

そしてなんと70㎝オーバーの真鯛もヒット!はじめてのナナマルはTGスイムでゲットしてしまいました。

肉厚の大迫力ボディに大満足です。

年々人気沸騰中のサワラキャスティングゲーム。人気が出ればそれだけ人的プレッシャーも掛かり、ポイント選定がシビアになったりと釣り自体の難易度はどんどん上がっていきます。

同じタングステンジグでも特性を理解し、状況に合わせて使い分けることがこれからなにより必要となっていきます。ジャックアイTGの「静」の誘いと、ジャックアイTGスイムの「動」の誘い。

この2つがあればさまざまなシチュエーションに対応できるかと思います。皆様もぜひジャックアイTGとTGスイムを使い分けながら、特大サワラを攻略してみてください。

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。