ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

シャウト!小野誠、大阪湾ブレードジギング取材のこぼれ話

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

先日行ってきたシャウト!小野誠さんによる大阪湾でのブレードジギング取材。

小野 誠(OnoMakoto) プロフィール

シャウト!の企画開発スタッフで、ジギングヘビーユーザーたちが安心し確信を持って使えるタックルを日々追求。 その開発スタイルは海外遠征から日本近海まで積極的にフィールドへ足を運び、あらゆるタックルを納得がいくまで吟味、テストを行っている。 ジギングの他には渓流トラウトゲームなども嗜むマルチな一面もあり、実家は寿司屋を営んでおり食に対する造詣も深い。兵庫県丹波市在住。

このところ連日取材ネタをお届けしてきましたが、さすがジギングのエキスパート。ご一緒させていただくと配信済みの内容以外にも「へぇー!」な小ネタがイロイロあった訳です。

寝かせておくにはもったいないぞと、今回はその一部をご紹介。

①:釣ったら直ぐに締める?

1つ目はそのまま。釣ったら直ぐに締める…です。

その理由は大きく2つ。

船上で暴れさせない

釣った後すごく暴れるんです、サワラって。そしてハリの掛かり方にもよりますが、一度ジグを丸呑みしてエラに掛かってそのままカンヌキに掛かったりすることもある。そんな場合は特に血が飛び散るんです。先に締めておけば暴れることはなく、落ち着いてフックを外したり、写真撮影したりできる。歯が鋭いので危ないですしね。

可能であれば(余裕があれば)、こんな風にタモに入れたまま締めると一番安全。

おいしく食べる

小野さんといえば「食」にも造詣が深い。YouTubeチャンネル「ShoutFishermansTool」の「誠寿司」でもお馴染みですが、やっぱり釣った後に直ぐ締めることで、身にストレスを与えることなくおいしく食べることができる。特にサワラはその食味も魅力なので、それこそ万全を期して持って帰りたい訳です。

ちなみに小野さんの締め方は脳天締め→神経締め→血抜き

まずはピックで眉間から脳天をキメる。その穴から神経穴にワイヤーを通すというやり方。先に脳締めすれば暴れることなく、また脳と神経はつながっているので神経に入りやすいんだとか。

ちなみに脳天締めのピックは、100均で購入したマイナスドライバーをご自身で削ったもの。コスパは抜群、これで全然事足りるとのこと。

先はキンキン!

ちなみに、きちんと締めたサワラは持ち帰ってしっかり寝かせることもできる。締め方、保存方法などの詳細はこちらでも詳しく…

出典:YouTubeチャンネル「ShoutFishermansTool」

②:ものすごく便利そうなロッドカバー

もう一つ、「へぇー!」だったのが小野さんの収納術。

小野さんが普段から使用されていて「遠征時などめちゃくちゃ便利ですよ~」というロッドカバーがこちら。

シャウト!の「エクスペディションロッドカバー」。

ロッドを5本まで束ねて収納でき、国内遠征では空港でこのまま預けられる(詳しくは各航空会社に確認を)。また、海外遠征ではこのままバズーカに収納できるそうです。さらに、計5箇所もベルトで固定できるので、カバーの中でロッドがガタつかず安定するというのもポイント高し。

で、今回電車移動で来られていた小野さんは、さらにその上から…

シャウト!のロッドティップカバーⅡを装着。

電車の天井に多少当たったりしても、これなら安心。ジギングのみならず他の釣りでも使えますよね、このアイデア記者もパクります。

③:インスタキャンペーン

取材ではジグのこと、ロッドのことをイロイロ伺って「良いジグ、良いロッドだなぁ~」なんて思ってると、「ちょうど今、そのジグで釣ったサワラを投稿すれば、そのロッドが当たるキャンペーンやってるんですよ」とボソッ。

狙いすましたかのようなタイミング。そういえば、ロッドの名前「ガンナー(砲手)」だったなぁ…なんて。

配信中の記事を読めば、サワラが釣れる!? キャンペーンの詳細はこちら!

シャウト! ブレードジギングロッドBLJガンナー&BLJブースターが当たる!
BLJブレードジギング Instagramハッシュタグキャンペーン!

ブレードショーテルで釣ったサワラの写真に2つのハッシュタグを付けて投稿しよう!
Instagramへ投稿してくれた方の中から抽選で、「BLJガンナー」と「BLJブースター」を各1名にプレゼント。

Instagramへの応募条件
・シャウト!Instagramページをフォローしている事
・2つのタグ付けをしている事:#ブレードジギング #ブレードジギングキャンペーン
・対象魚はサワラのみ(サワラのサイズは問いません。)
※ヨコシマサワラ、ヒラサワラ、ウシサワラ、タイワンサワラは含みません。
・写真にブレードショーテルが写っている事。
・日本国内にお住まいで賞品のお届け先が日本国内の方。

応募期間
2022年10月8日から11月31日23時59分まで

当選発表と連絡方法について
当選者にはこちらからDM(ダイレクトメッセージ)をお送りさせて頂きます。その際に送り先ご住所、電話番号、お名前をご返事ください。
※DMの受け取りができるよう設定をお願いします。当選連絡に対するご返信が1週間以内に無い場合、当選は無効となります。

———————————-
◆ 商品発送予定 ◆
2022年12月末頃予定
※状況等により予定が変動する可能性があります。
———————————-

◆ 注意事項 ◆
・公開アカウント設定でご応募をお願い致します。
・不適切なコメントと当社が判断したコメントは、抽選の対象外とさせて頂きます。
・当選は1アカウントにつき1回のみとなります。

◆偽アカウントについての注意喚起◆
シャウト!公式インスタグラムアカウントを装った偽アカウントにご注意下さい。偽アカウントはプロフィール写真/文章・ユーザーネーム・投稿内容が当社アカウントの内容と酷似しておりますが、当社とは一切関係がございません。
偽アカウントから送信されるDM(ダイレクトメッセージ)では、個人情報の入力を求める場合や、記載されているURLをクリックすると受信者側の個人情報が発信者に取得されてしまう場合があります。取得された情報などは悪用される可能性がございますので、万が一、不審なDMを受け取った場合には、個人情報を入力、記載のURLへアクセスはせずに、DM自体を削除の上、被害防止の為に偽アカウントのブロックをお願いいたします。
なお、偽アカウントが確認された時点で随時、Instagram側へはなりすましアカウントであることを報告しております。
※偽アカウントとのトラブルに関しまして、当社は一切の責任を負いかねます。十分にご注意下さいますよう、お願い申し上げます。

出典:シャウト!公式インスタグラム

応募期間は2022年11月31日23時59分まで!

ブレードジギングはまだまだシーズン真っ盛り!配信中の記事を読めばサワラが釣れる!?ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

シャウト!ブレードジギング関連情報

【たった2本であらゆる状況に対応可】シャウト!小野誠が大阪湾ブレードジギング取材に持ち込んだタックル

【シンプルゆえに奥が深い】次々にサワラをヒットさせた、シャウト!小野誠の「ジグ」と「アシストフック」

だから釣れる。シャウト!小野誠流「ブレードジギング」の極意in大阪湾

シャウト!小野誠に訊く「大阪湾でなぜブレードジギングが成立するのか」

出典:YouTubeチャンネル「ShoutFishermansTool」

出典:YouTubeチャンネル「ShoutFishermansTool」