ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

平村尚也コラム【琵琶湖リサーチ】2週間ほど水温上昇なしの南湖状況②

ウイードがない今年は地形変化を狙うしかないが、人気がありすぎる下物エリアの浚渫やブレイクではボートが順番待ち状態

下物沖は連日の大船団。航路の位置では周辺の船舶の動きに注意すべし

週末で150艇、平日でも50艇を超えるボートが連日浮いている下物沖の浚渫エリア。今年はウイードが少なく、週末のボート船団を支えるほどのウイードエリアがないために、地形変化を狙うしかない。そのため、浚渫エリアとしては最大の下物沖にボートが集結する。
釣果としては間違っていないが、あまりにもボートが多くて浚渫のハンプ、ブレイクの人気スポットではずっとボートが浮いており、順番待ちの様相を呈している。
ただ、あまりに人気すぎて困った問題が発生している。烏丸半島の先端付近から緑ブイ、赤ブイの航路付近にボートが集結しており、烏丸半島への出入りする船舶の航路を塞いでしまうという事態が発生している。

2 / 4
前へ 次へ