ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【夏の風物詩いよいよ開幕】アツ~い夏の癒やしの釣り!カンタン×手軽な「ハゼゲーム」始まってます

連載:水野浩聡のOne more fish
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは! 水野浩聡です!

毎日猛暑日が続き、暑さで有名な地元岐阜県多治見市も連日38度前後まで気温が上がるという、相変わらずの灼熱っぷり。

元々暑いのは大好きなタイプなので、こまめな休憩や水分補給だけしっかりして釣りを楽しんでいますが、ホントに危険なくらい暑い日が多いので、無理のない釣行プランで夏の釣りを楽しむようにしてくださいね!

さて、そんな暑いタイミングで、最盛期に入り出す旬な釣りモノとして有名なのが「ハゼ」! 天ぷらなどで食べたらめちゃくちゃ美味いこのハゼですが、実は数年前から僕自身もこのハゼをルアーで狙う釣りにハマっていて、今年も早速やってきました。

キモは「ボトムに当てながら」

ちょうど先月は、フィッシング遊の四日市店さんと岡崎店さんで店頭イベントをやらせてもらったので、そのイベント前にお店のスタッフさんとまったり楽しんできました。

四日市エリアでは、足元にハゼがいるのが目で見えるくらいの魚影の濃さ! そこにエッグナッツをゆっくりボトムに当てながら巻いてくるとすぐにヒット!

サイズ 自重 本体価格 ジャンル 潜行深度 フックサイズ 対応リール ライン号数
28mm 2.3g 980円(本体価格) クランクベイト(フローティングタイプ) 約1.0m シングルフック#8 1000~2000番 2~5lb

短時間でしたが、「ボトムに当てながら」というキモだけを守りながら巻くだけで、おもしろいように次から次へと食ってきてくれました。

四日市店のスタッフさんには、begoodfuneggから発売になったばかりの巻きエサジグを使用していただき、3や5gといった軽いところのモデルに、フックにはゴカイのようなワームを装着。

製品名 重さ サイズ 入数 フックサイズ 対応リール ライン号数 税込価格
グッドミール 巻きエサジグ 3g 29mm 1 ケン付流線鈎 7号 スピニングリール1000~2000番 ナイロンorフロロカーボンライン 1~2号(4~8LB) 517円
5g 38mm ケン付流線鈎 9号 スピニングリール1000~2500番 ナイロンorフロロカーボンライン 1~3号(4~12LB) 517円
7g 41mm ケン付流線鈎 10号 スピニングリール1000~2500番 ナイロンorフロロカーボンライン 1~3号(4~12LB) 539円
20g 59mm 小磯鈎 12号 スピニングリール2500〜4000番 ナイロンorフロロカーボンライン 3~5号(12~20LB) 561円

この日はたまたまエサが調達できていなかったので、ワームでもハゼを食わせることができるか!?…というテスト的なノリで試してみると、コチラもイレグイ状態。

本来は、このフックにエサを付けてもらければOKですが、それがなかった時はワームでも釣ることはできますね。これがエサだったら…と思うとどんだけ釣れたことか…。

エッグナッツを使用した僕と、巻きエサジグを使用したスタッフさんとのダブルヒットも何回かあり、四日市周辺のハゼの濃さと、それぞれのスタイルに合ったハゼ釣りの提案ができました。

翌週はエリアを変えて…

そして翌週は、フィッシング遊 岡崎店のスタッフさんとの釣行。

三河エリアの河川付近での釣りだったんですが、すでにたくさんの投げ釣りアングラーさんがおられ、コンスタントにハゼを釣っておられました。その中に少しだけ入らせていただき、同様にエッグナッツからスタートすると、ポロポロとキャッチすることに成功。

さらに、ワームを付けた巻きエサジグでもキャッチすることができました。

水深のあるエリアも所によってあったりするので、浅いレンジではボトムを当てながら巻けるエッグナッツを。潮が満ちてきたり、水深のあるようなスポットでは巻きエサジグをセレクトするなど、行った場所のロケーションや潮の干満による水深に応じて、これらのアイテムをローテーションしていくと良いかなと思います。

当然、エサを使った投げ釣りもきっとたくさん釣れるでしょう。

しかし、ルアーロッドでキャストもしやすく、手軽にやるのであれば、エッグナッツや巻きエサジグはもの凄く向いていますし、釣れるサイズも選びやすい釣りなので、それぞれのスタイルにあった釣りで旬なハゼ釣りを楽しんでみましょう!

使用タックルはこちら

ロッド…GOODロッドGD-S56UL

リール…コンプレックスXR2500 F6HG

ライン…PE0.6号 リーダー…フロロ8ポンド(もしくは、フロロ4-5ポンドをメインラインに使用)

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい