ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【もう1つのハクパターン】マーモが解説する「巻くハクパターン」とは?

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは!  マーモです。

前回は、ボラの稚魚であるハク食いのパターンを紹介させていただきました。今回もハクパターンの続きなのですが、「RVドリフトフライ」はあくまでサイトフィッシングを中心としたパターン。今回紹介させてもらうのは、南風によってハクが流されてきて溜まるエリアにおいての釣り方になります!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。
前回の記事がこちら!

【ハク喰いバスにはRVドリフトフライ】マーモが語る!今が旬の「ダウンショット攻め」

もう1つのハクパターンとは?

南風によってハクが流されてきて溜まるエリアで有効なのが、ダブルウィロータイプのスピナーベイト。メインで使用するのが「ドーン」です。

ドーン

Name Weight Price(税込)
DOOON/ドーン 1/4oz ¥1,386
3/8oz ¥1,386
1/2oz ¥1,386

ジャッカル公式「ドーン」の詳細ページはコチラ

この季節から南風が多くなるのですが、ハクは表層をふわついて泳いでることが多いのと、サイズが小さいので、風や流れの影響を受けやすく、反転流や流れのよれる場所に溜まりやすい傾向があります。そういった場所ではこのダブルウィローのスピナーベイトが、フラッシングとブレードの絶妙な弱さがマッチしてかなり釣果が出ることがあります。

風と地形が重要

風が当たっているところでも、何か出っぱったりしている場所など、ハクが溜まりやすい地形が非常に重要となります。濁っていれば、なおスピナーベイトでの反応は良くなります。浅いところは「ドーン」、少しカーブスイミングで巻きたい時は、もう少しシルエットを落としたスピナーベイトを使用しています! ここ最近の長良川でも、ゲストさんと共にハク食いのバスを連日スピナーベイトで捕獲できています。

河川ではまだまだ多くいるハクですが、流されてハクが溜まっているような場所を見つけたらぜひ、スピナーベイトをお試しください!

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!