ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ハク喰いバスにはRVドリフトフライ】マーモが語る!今が旬の「ダウンショット攻め」

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは! マーモです。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

今は、アフター真っ最中ということで、前回は「カバークローグランデ」を使った濁っているところや、ブラインドでカバーが少ないところを狙うアフターの釣りを紹介させていただきました。

【スローな釣りがキーワード】浮くだけじゃない?アフターバスの居場所を加木屋守(マーモ)が解説

【スローな釣りがキーワード】浮くだけじゃない?アフターバスの居場所を加木屋守(マーモ)が解説

最近、各地の河川系フィールドではボラの稚魚が生まれ、川に入ってきたところも多いです。ボラの稚魚(ハク)はこの時期とても重要なベイトフィッシュで、エビ食いのタイミングに変わるまではこのハクを追っているバスが非常に多くなります。

なので、今回はハクを追っているバスに対してのお話をさせていただきます!

ハク喰いバスには「RVドリフトフライ」のダウンショットリグを

まず、ハクを追っているバスに有効なのが「RVドリフトフライ」のダウンショットリグ攻め。

RVドリフトフライ

Length Quantity Price
3.0in 5本入 ¥990

ジャッカル公式「RVドリフトフライ」の詳細ページはコチラ

なぜミドストやホバストじゃなくダウンショットリグなのか? それはシャローを1点で誘って使用するためです! ある程度水深があったりストラクチャーをフワッとして誘う場合はホバストでも有効ですが、シャローにふらつくアフター傾向のバスを狙う時に、この「RVドリフトフライ」のダウンショットリグが有効となります。

ミドストやホバストでは移動距離が大きすぎて見切ってしまうという状況などに、この1点攻めが非常に有効です。

セッティング方法

リーダーは基本的に5〜10cmほどの短さ。ボトムでキラキラとロールさせるアクションがとても大事で、シンカーをボトムの岩や木に引っかけて使うと、さらに1点でキラキラさせやすくなります。

シンカーは、1.3gか1.8gをメインに使用します。それ以上重たいとシンカーの重さに負けてロールアクションが出しにくくなるので、このくらいのウェイトがオススメですよ!

先日の長良川ガイドでもゲストさんにビッグバスが!

僕も長良川のオカッパリで、ビッグサイズをキャッチできていたりと好調な釣りの1つ。「フリックシェイク」や「RVバグ」などのサイトフィッシングも、もちろん釣れますが、ベイトに意識がいきすぎてるバスにはこの「RVドリフトフライ」のダウンショットリグ攻めも是非お試しください。

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!