ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ある誘い方が釣果へ直結することに】テクニカルな日こそ面白い!やまぴーこと山村祐子による「DEEPタイラバ釣行レポート」

寄稿:山村 祐子
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆様こんにちは、ハヤブサフィールドスタッフのやまぴーこと「山村祐子」です。

春の乗っ込みシーズンから連日各地でマダイが良く釣れていますね。釣れている間に「釣りに行きたい」って、釣り人なら誰もが思うことではないでしょうか? という訳で、私も行って参りましたタイラバに。今回は釣行時の模様をお届けします。

山村 祐子(Yuko Yamamura) プロフィール

釣りと旅をこよなく愛する女性アングラー。タイラバやタチウオ、イカメタルなどルアー、エサ問わずマルチにこなす。気になる場所への旅行を釣りを絡めて計画するのも得意(笑)。

ある誘い方が釣果へ直結することに!DEEPタイラバ釣行を満喫

水深100m前後、時期によっては150m前後を超える海域をドテラ流しで狙う通称「DEEPタイラバ」。

タイラバの重さは大体100g以上を使用。浅瀬よりも釣れるタイのアベレージサイズも大きく、運が良ければ90cmオーバーなんてサイズにも出逢える魅力的な海域でタイラバを楽しんで参りました。

お世話になったのは、舞鶴から出船しているDEEPタイラバのパイオニアとしても有名な「TOPSJAPAN」様。こちらでは朝にミーティングがあり、ここ最近の状況を話してくれるので、とてもありがたいですね。この日の朝の朝礼では連日釣れているとの情報でしたが、まれにテクニカルな日もあるとのこと。さーて、この日は一体どうだったのか?

はい! 世の中そんなに甘くない(笑)

産卵時に良くある簡単には釣れない日を当ててしまったようで、水深は100m前後、良い潮が来ていて、反応はずっとあるのにマダイの活性は低く、アタリはあれど乗らない小さなアタリの多い日。

こんな日はシンプルな仕掛けが良いとのことだったので、ナチュラルアピールの「フリースライド カスタムネクタイ バルキーカーリーシングル」を使用。色々な巻きスピードを試してみました。

カラー 入数 税込価格
5色 3本 440円

ハヤブサ公式「フリースライド カスタムネクタイ バルキーカーリーシングル」詳細ページはこちら

コツはアタリのある所で止めること

ただ単に巻いているだけでは全然アタリもなく、バイトに繋がらない。何とかバイトにもっていきたいと、アタリのあった所でストップを入れ、再び巻き始めた瞬間でした。グググッ! とタイではない何かが掛かり、上がってくるとまさかのカレイでした!

本命ではありませんが、魚が反応してくれたことには間違いありません。同じように下から少し巻き、途中でストップを入れ、トルクを感じる層ではより丁寧にを繰り返していると、さっきと同じストップ直後の巻き始め時に、ググと小さなアタリが! 掛かると元気良く走り、確実にマダイの引きです。バラしてはいけないと慎重なやり取りで上がってきたのは綺麗なマダイでした。

お腹がうっ血して黒くなっていなかったので産卵はまだだったのかな?

1匹釣れましたが、この日はほとんどバーチカルに落ちる状態だったので、少しでも遠くに飛ばし、広範囲を探っていきたいと思い、90gのヘッドに変更。そこから、カレイ、レンコダイが釣れ始め、なんとかマダイをもう1匹釣りたいなと思っていたトコロ、待望のヒット! 初めはレンコダイかと思いきや、なんだか良くたたき、レンコダイより重みもあるし良く走る!

これはもしやマダイかなと思っていたら、予想通りの綺麗な本命が釣れました。マダイと思っていたらレンコダイだったなんて経験、皆様もあるのではないでしょうか? その反対、レンコダイだと思っていた魚が、実はマダイだったラッキーなパターンでした。

タイラバは従来落として巻くだけ。アタリがあっても巻き続けると言われていますが、絶対ではありません。アタッたところで止めたり、今回のように止めて巻き始めたら掛かったという日もある。この日、他の方が釣っていたマダイも同じようなパターンで釣れていましたからね。その日のパターンを見つけるべく、ネクタイの形状や色を変えたり、ヘッドの重さを変えてみたり、はたまた巻きスピードや巻き方を変えてみる等、色々試してみるのも、タイラバの楽しいトコロですね。

やればやるほど奥深いタイラバ。今回のようにテクニカルな日ほど、釣れた時の喜びは大きいです。たとえ釣れなかったとしても、1匹の魚を釣るためのプロセスがきっと次の釣行に役立ってくれるのでは? と私は思います。さぁ! 暑い夏がやってきます。皆様どうぞ無理のないように釣りを楽しんでくださいね。それではまた~!(釣行日:2022年5月18日(水)6時~16時)

タックルデータ

ロッド:オーシャンセンサー LJ(OSE-LJB63L ベイトモデル)【クレイジーオーシャン】

リール:オシアコンクエスト 301HG【シマノ】

ハンドル:BJ66-74、EP40【リブレ】

ライン:ANSWER JIGGING PE×8(0.8号)【ゴーセン】

リーダー:ROOTS FCリーダー(5号)【ゴーセン】

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。