ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

突然のラインブレイク…その原因はラインのカラーかも…

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ジギングのシャクリ中、突然ラインが切れた…という経験はありませんか?

突発的なラインブレイクの原因はタチウオやサワラ・サゴシなど、歯が鋭い魚の仕業と言われています。実は水深を測るラインマーカーが、水中で目立つことでラインへの誤バイトを発生させるというもの。

ということで、今回紹介するのは、そんな鋭い牙を持つ魚から誤バイトを軽減するライン、ゴーセンの「ダイバーX-BK(ブラック)」をピックアップ!

特にこれからの季節はタチウオも多く出現するタイミング。タチウオジギングはもちろん、タチウオが生息するエリアにオススメのラインです!

性能に優れ・コスパの良い「ダイバーX」シリーズ

「ダイバーX-BLK(ブラック)」の紹介の前に、簡単に「ダイバーX」シリーズの性能について簡単に解説していきます。

「ダイバーX」はコストパフォーマンスとトータルバランスに優れた船用PEライン。

ラインナップは、4本撚りの「ダイバーX4」「ダイバーX-BK(ブラック)」と、8本撚りの「ダイバーX8」の3タイプが展開。いずれも釣りのジャンルを問わず活躍する万能な性能です。

ソツなくこなしてくれる秘密は製法にアリ!

出典:ゴーセン公式「ダイバーX特設ページ」

「ダイバーX」シリーズの魅力でもある、ハイレベルなバランス設計。

下記の図を見ても、ラインに求められる直線強力や耐久性、硬さや感度などいずれの項目も高い基準で満たされています。

その性能のカギとなるのが、ラインの製法。

「ダイバーX4」では「SDF(ストロングダイナミックフォー)製法」、「ダイバーX8」では「SDE(ストロングダイナミックエイト)製法」が採用されています。

この「ストロング・ダイナミック—」とは、直線強力・平滑性に優れた性能で、SDの後の“F”・“E”に関しては原糸の本数(Four=4・Eight=8)を示しています。

簡単に言えば、結束強力・耐摩耗・耐久性に優れたライン構造というワケです!

詳しくはこちらの記事をチェック

何にでも使いやすい〝安心感〟が魅力の船釣り用PEライン「ダイバーX」シリーズ

タチウオ・サワラに気づかれにくいステルスカラー「ダイバーX BK」

出典:ゴーセン公式「ダイバーXブラック」詳細ページ

前置きが長くなりましたが、「ダイバーX BK」はそんなバランスの優れたPEラインで、さらにステルス性を備えたPEライン。

配色パターンは水中で目立たないブラックとブルーの2色のみ。ホワイトなどの目立つカラーを排除し、バイトマーカーになるリスクを抑えています。

10m単位のマーキングのため、細かいタナ取りの場合、カウンター付きリールでの使用がメインとなりますが、タチウオなどの魚からラインブレイクを回避することができます。

また、タチウオ以外のフグなどからもしっかりラインを隠してくれます。

ラインの規格表

規格 号数 (ポンド) 最大強力 価格
200m 1 (17lb) 7.9kg オープン
1.5 (23lb) 10.6kg
2 (31lb) 14.0kg
2.5 (35lb) 16.0kg
3 (40lb) 18.0kg

 

規格 号数 (ポンド) 最大強力 価格
300m 1 (17lb) 7.9kg オープン
1.5 (23lb) 10.6kg
2 (31lb) 14.0kg
2.5 (35lb) 16.0kg
3 (40lb) 18.0kg

ゴーセン公式「ダイバーXブラック」詳細ページはこちら

200mと300mの規格があり、ラインナップも1号(17lb)から用意されているので、ライトジギングにもオススメです!

価格はオープンと表記されていますが、200mでおおよそ2000円弱、300mで2000円前後で購入できるので、コストパフォーマンスも優秀です。

 

タチウオが出没し始める初夏の時期。タングステン製のジグなど高価なルアーを失うのは財政的・精神的にも大きな痛手。

これまで、突然のラインブレイクされたことがある方は、ぜひ「ダイバーX ブラック」を使用してみてはいかがでしょうか?

ゴーセン(GOSEN)

1953年設立、大阪府大阪市中央区に本社を置く繊維ブランド。フィッシングラインの開発から始まり、その後テニスやバドミントンのガットなどを手掛け、現在は世界的に注目されているブランド。 すべての製造工程を自社内でトータルに手掛け、「細くて強い糸」の実現に向け、日々研究開発を重ねている。