ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ライトジギングの中でもライトな釣り、そんな時に何かと役立つホライゾンLJの「HLJ631B-FL」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

出典:天龍公式ホライゾンLJ詳細ページ

天龍の人気ライトジギングロッド「ホライゾンLJ」。LJは、そのままライトジギングを意味し、現在全8機種を展開。

そんなホライゾンLJの中で近海ライトジギングの中でもライトめ、スーパーライトジギングも兼ねて使えるロッドのひとつがHLJ631B-FL。

写真はフィールドテスターの倉永氏。なんでも今シーズン初のスーパーライトだったとのことで…、イイじゃないですか(笑)!

モデル タイプ レングス

( m [ft])

アクション ルアーウエイト(g) ベストウエイト(g) ライン(lb/PE) リアグリップレングス(mm) ロッドウエイト(g) 希望小売価格(税抜き)
HLJ631B-FL ベイト 1.90[6’3″] R MAX120 80 MAX16lb/0.6-1.2号 380 130 ¥36,000

ベストウエイトは80g前後に設定された HLJ631B-FL。まさに近海ジギングライトモデルとしてピッタリな感じであるのですが、40~70g前後のジグを使ったスーパーライトジギングにもマッチするという。

ブルーのティップカラーがアイデンティティ(?)のホライゾンLJ、そのティップ部はグラス素材。

これをマグナフレックス製法(グラスフレックス)で超スムーズにつなぐ。しなやかさ、追従性はいわずもがなで、さらには感度も有するのが特徴で、それが比較的長めにとられています。

そして、バット部にはC・N・Tをコンポジット。

何が掛かるか分からない、それが時に、思っていたよりも…「デカッ!」ということがありますが、このC・N・Tがライトタックルの域を超えた粘りを発揮しターゲットを寄せられる。

また、ジグの跳ねを抑えたアクションもティップが可能にしてくれ、ミスバイトしやすいタチウオなどに跳ねすぎないアクションでアプローチできるのも魅力。

しなやかで、実は強く、そして誘いの幅を持たせられるホライゾンLJ。その中でライトなライトジギング(笑)やスーパーライトジギング、はたまたタイラバロッドとの併用としても可能なのが HLJ631B-FL。

バーチカルに色々楽しみたい方ならオススメの1本です。

天龍公式ホライゾンLJ詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。