ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【シーズン真っ最中】春のコチゲームで活躍するハイドアップルアーとは!アイランドクルーズ船長「須江一樹」が徹底解説

寄稿:須江 一樹
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは! 横浜アイランドクルーズの須江です!

須江 一樹(Sue Kazuki) プロフィール

横浜の東京湾シーバスガイド「アイランドクルーズ」の船長として東京湾を案内する傍ら、休みの日は船・オカッパリ問わず関東各地の海に釣りに出かけるホンモノの釣り好き。横浜市在住。

1年を通して釣ることができる東京湾のマゴチですが、「ハイシーズンは?」と聞かれれば春と秋と僕はお答えしています。

大体ですが4~6月が春のハイシーズン、9~12月が秋のハイシーズンです。 水温が上がって来て浅場に上がってくる春は、産卵を意識して積極的に餌を追っているため、ルアーへの反応が格段に良くなります。

今回は、「スタッガーオリジナル3.5in」と「スタッガーワイドシリーズ」を使用した、春のハイシーズンの東京湾マゴチについてお伝えします。

スタッガーオリジナル3.5inとスタッガーワイドシリーズを使ったマゴチゲーム

まず「スタッガーオリジナル3.5in」です。

ハイドアップ公式「スタッガーオリジナル3.5in」の詳細ページはコチラ

スタッガーオリジナル3.5in」は、いつでもどんな場所でも安定した釣果を出せることが特徴です。

シャッドテールワームの礎を気付いたと言っても過言ではない、元祖シャッドテールワームである「スタッガーオリジナル」は、基本性能の高さが売りでどんな状況どんなシチュエーションでも対応できる対応力があります。

柔らかいマテリアルを使用したスタッガーオリジナルは、テンションフォールが主な誘いであるマゴチ釣りでもしっかりと水を噛んでテールを動かし続け、誘い続けてくれます。またテールのアクションと連動したロールアクションで水を押し、横方向へのアピールも強大です。

ベイトフィッシュパターンに、というような限定的なものではなく、迷ったら「スタッガーオリジナル3.5in」と思って良いほどいつでも使えるワームですので、シーズン問わず東京湾にマゴチ釣りにいく際には必ず用意して欲しいルアーです。

スタッガーワイドも効果バツグン

続いては「スタッガーワイ ド3.3in」&「スタッガーワイド4in」です。

ハイドアップ公式「スタッガーワイ ド3.3in」の詳細ページはコチラ/「スタッガーワイド4in」の詳細ページはコチラ

ハイドアップのワイドは、今や各社から発売されているギル型ワームの元祖であることはあまりにも有名です。マゴチ釣りでも、今やなくてはならないルアーといえるほど「スタッガーワイド」はマゴチ釣りで必需品のルアーとなっています。

なぜ「スタッガーワイド」が効くのか

スタッガーワイド」が有効な理由は、①ワイド形状がもたらすアピール力と、②テンションフォールの距離の延長によるバイトチャンスの増大、そして③餌のシルエットとの類似です。

①アピール力

まずはアピール力についてです。「スタッガーワイド」のアピール力が発揮する1番のタイミングは、キャストしてから最初の底どり時のファーストフォールです。

ワイドは、フリーフォールで沈めると「スパイラルフォール」と呼ばれる、錐揉み状になって落ちていく姿勢でフォールをします。このスパイラルフォールが上方向をよく見ているマゴチにアピール力抜群で、マゴチに発見される確率を格段にあげてくれます。

②テンションフォール

次にテンションフォールについてです。

マゴチがバイトする90%は、テンションフォール時です。このフォールする軌道をワイドの抵抗力で紙飛行機のように横に延長することで、着底までの時間を長くして、マゴチのバイトするチャンス時間を伸ばすことができます。

③シルエット

最後にシルエットです。

マゴチは雑食性に富んだ魚です。よく食べているものとしては、イカ、タコ、 カレイ、舌ビラメなどワイドとシルエットが似ているものがたくさんあります。この餌とシルエットが似ていることが「スタッガーワイド」が有効である理由です。

1 / 2
次へ