ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【川村光大郎が求めたコダワリ全部入り】オカッパリオフセットフックの決定版「LIGHTNING STRIKE(ライトニングストライク)」を紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さん、オフセットフックは何を使っていますか?

シンプル形状なのに沢山種類があって迷いますよね。夏が近づくにつれて、ノーシンカーリグやテキサスリグなど、オフセットフックの出番も多くなってくるタイミング。ワイドゲイプやナローゲイプなど、ワームによって色々合わせる形状が異なりますが、今回紹介するフックは、ワイドゲイプとナローゲイプの中間に位置する、超万能でメチャ刺さるオフセットフック。そのフックとは…。

LIGHTNING STRIKE(ライトニングストライク)

それが「LIGHTNING STRIKE(ライトニングストライク)」になります。川村光大郎さん監修で、カナリこだわられているオフセットフックに仕上がっていますよ!

サイズ(号) 入数
4 8
2 7
1 7
1/0 7
2/0 6
3/0 5
4/0 4
5/0 4

ハヤブサ公式「LIGHTNING STRIKE(ライトニングストライク)」の詳細ページはコチラ

LIGHTNING STRIKE(ライトニングストライク)につまったコダワリ4選

LIGHTNING STRIKE(ライトニングストライク)」には、大きく分けて4つのコダワリがあります。それらをひとつずつ見ていきましょう!

①分厚く掛かる形状

1つ目のコダワリが、分厚く掛かること。

ラインが切れる以外でばれることがないフック」を目標に作られている「LIGHTNING STRIKE(ライトニングストライク)」。

ラインアイと針先にギャップをもたせ、さらに針先が絶妙な角度で内側に入っていることで分厚く掛かることを実現。

②ワームがズレにくい形状

2つ目のコダワリは、ワームがズレにくいこと。

オフセットフックのベントの途中に角を設け、クランクの角度を鋭角にすることでワームがズレにくく、アクションがブレにくいのでより釣りに集中することができます。

③ワームにセットした時の一体感

3つ目のコダワリは、ワームにセットした時の一体感。

ワイドゲイプとナローゲイプの中間のようなゲイプ幅にすることで、様々なワームとナチュラルな一体感でセットすることが可能です。

④防錆フッ素コーティング

4つ目のコダワリは、防錆フッ素コーティング。

防錆フッ素コーティングを採用することで錆に強くなっています。錆に強いということは針先が錆で潰れるのを防ぐだけでなく、ラインアイが錆びてラインが傷ついてしまうことも防いでくれます。

以上、「LIGHTNING STRIKE(ライトニングストライク)」の魅力を紹介しました。どんなワームでもセットしやすくてバレずらいこのフック、ぜひチェックしてみてくださいね!

関連動画はコチラ

ハヤブサBASS|川村光大郎プロ監修のオフセットフックがついに登場!

出典:YouTubeチャンネル「HAYABUSA公式チャンネル」

【川村光大郎のオカッパリ講座】出るかデカバス!?4種のいち押しワームローテ攻め!

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。