ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

クリアブルー2022新作ワーム【セクシービー・ファイン1.5inch】をファンキーベイト野郎・岡田秀星がインプレ

寄稿:岡田 秀星
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

岡田 秀星(SHUUSEI OKADA) プロフィール

ベイトタックル大好き人間! ベイトタックルでの釣りはシーバスから始まり、ロックフィッシュ、チヌ、メバルを超えてアンダー1g、そして究極のベイトフィネスの世界も開拓中。山口県瀬戸内側をメインに仕事終わりに価値ある一匹を楽しむスタイルで、ベイトアジングの楽しさを発信中。クリアブルー・ベイトインストラクター。

はじめまして! クリアブルーでベイトインストラクターとして活動しています山口県の岡田秀星と申します。
各種SNSではファンキーベイト野郎(funkybaitguy)のハンドルネームで活動してますので、そちらもどうぞよろしくお願い致します!

今回は、2022年春に発売となったばかり! クリアブルーの新作ワーム「セクシービー・ファイン1.5inch」について、考察、ご紹介したいと思います!

クリアブルー公式  セクシービー1.5inch詳細ページはこちら

本岡代表に渡されて真っ先に思った感想は、ちっさ!

オリジナルサイズのセクシービーが2.0インチでセクシービーfineが1.5インチと聞いてましたが、0.5インチの差がこんなにあるのか~と思い袋からだして手に取ってみると、テールがものすごく良く動く!

開発者・本岡さんによる、セクシービーファイン1.5inchの超詳しい開発ストーリー記事もぜひチェック

記事は、クリアブルー公式のこちらから!

摘まんだだけでこれだけ動くのはビックリです!これは従来のセクシービー2.0inchがハンドメイド(ハンドポワード)製法で、今回のセクシービー・ファイン1.5inchがインジェクション製法で作られている事に起因している特徴です。

ハンドメイド(ハンドポワード)は樹脂を型に流し込むので、柔らかいワームになり、インジェクション製法はワーム制作の際に圧をかけて樹脂を型に流し込むので、ハリが強い硬いワームになります。

 

製法の差がそのままこの2種のワームの違いになっているなぁと触り比べると良く分かります。
セクシービー2.0inchはぷるぷるぷるで、セクシービー・ファイン1.5inchはピンピンピンって感じです。この感じ、伝わっていればウレシイんですが!

これだけテールが動くということは、軽量リグで漂わせる時もワーム自信が潮を感じて、誘ってくれるけど、小型のエビをイメージして重いリグでガンガン攻めても面白いんじゃないかな!?と、小型のエビを食べていると思われるメバル狙いで、海へGO!

 

使用ジグヘッドはクリアブルーから発売中のサイコロヘッドJrの最重量サイズ1.8g

 

しっかりアクションをさせてメバルを探したいので、使用ロッドは、この秋発売予定のチューブラティップベイトフィネスロッド、クリスター63BF-premier。

【クリスター63BFプレミア】0.5gジグ単~10gまでのハードルアーが扱える! アジング専用・最先端チューブラーベイトフィネスロッドが2022年11月登場

冬の瀬戸内は水温が下がりきってるので、遠投して、ボトムを取る。クリスター63BF-premierのクリアブルー最強の反響感度で、1.8gの軽量リグでもバッチリ底が取れちゃいます!

 

小型のエビが逃げるイメージでチョンチョンチョンとルアーをアクションさせて、テンションフォール。これを繰り返すとゴッ! と良いアタリが!!

狙い通りに魚から反応が気持ち良い!
ルアーの色を変えて反応をみます。

 

ん~やっぱり正解っぽいね!


春告魚ともいわれるメバルが楽しいシーズンに発売されるセクシービー・ファイン1.5inch を是非手に取って海へ遊びにいってみてください!

ベイトで釣るともっと面白いですよ!

なお、今回紹介したセクシービーを含めクリアブルーのロッド、ワーム、ジグヘッドなど、各アイテムは、公式WEBショップで購入できるモノも、けっこうあるので、気になる人はこちらもぜひチェック!

クリアブルー(Clear Blue)

2015年設立。著名アジンガーとして知られる本岡 利將(もとおか・としまさ)さんが代表をつとめるアジング・メバリングを主体とするライトSWメーカー! 豊富な現場経験と知識、そして常に繰り返される現場テストからのフィードバックを元にした、こだわりのロッド、ルアーを開発・発表中。本社所在地は鹿児島県奄美市。