ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【クリスター63BFプレミア】0.5gジグ単~10gまでのハードルアーが扱える! アジング専用・最先端チューブラーベイトフィネスロッドが2022年11月登場

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

コアなアジンガーから熱烈な支持を集めているメーカーなのが「クリアブルー」!

クリアブルー(Clear Blue)

2015年設立。著名アジンガーとして知られる本岡 利將(もとおか・としまさ)さんが代表をつとめるアジング・メバリングを主体とするライトSWメーカー! 豊富な現場経験と知識、そして常に繰り返される現場テストからのフィードバックを元にした、こだわりのロッド、ルアーを開発・発表中。本社所在地は鹿児島県奄美市。

そんなクリアブルーから2021年11月に登場し、注目を集めているのが「ジグヘッド単体0.5g」での使用を実現したアジング専用・ソリッドティップ採用のベイトフィネスロッド「クリスター55 BFマスター」!

【クリスター55  BFマスター】何と0.5gジグ単が扱える! 超繊細高感度アジング専用ベイトフィネスロッドに注目!

そんな中、迎えた2022年! 今度は超繊細チューブラーのアジング専用・ベイトフィネスロッドが登場するんです!

 

クリスター63BF-Premier(ビーエフプレミア)【クリアブルー】

2022年11月登場予定

クリアブルーから2022年11月に登場予定となっている注目アジング専用・チューブラーベイトフィネスロッドなのが「クリスター63BF-プレミア」。

「ジグヘッド単体0.5g」をストレスなく扱えるだけでなく「ハードルアーやメタル系など 10g まで」しっかりとアクション可能なロッド

なぜ注目なのか? というと、アイテム名にBF(ベイトフィネス)とあるように、存在自体が珍しいアジング専用のベイトロッドだからなんです!
さらにいうと、この63BFプレミアはティップの線径が1mmの超繊細チューブラーのベイトフィネスロッドとなっています!

あとここからが本題なんですけど、実はこのロッド、今までのSWベイトフィネスロッドでは、不可能と思えた「ジグヘッド単体0.5g」をストレスなく扱えるだけでなく「ハードルアーやメタル系など 10g まで」しっかりとアクション可能なロッドとなっているんです!

こんなことを可能にした大きな要因はブランクス!
メイン素材には、東レ高弾性最先端 40t 炭素繊維素材「トレカ ®M40X」をティップの先端からエンドまで採用!
完全アーバーレス化を実現!直管でチューブラーロッド特有の反響感度をダイレクトに感じることができるようになっているんです!

このクリスター63BF-プレミアについては、開発者である本岡さんによる超詳しい開発ストーリー記事も公開されているので、ぜひチェック!

本岡 利將(Toshimasa Motooka) プロフィール

奄美大島を拠点とするアジング・ライトゲームブランド《 ClearBlue 》の代表。根っからのアングラーで、その経験を活かして釣具メーカーに就職。アジ&メバルの製品開発を勢力的にこなす日々を送る日々を過ごしたのち、その経験を活かし、2015年に「クリアブルー」を設立。こだわり満点のアジング、メバリング用ロッドやルアーを多数輩出中。広島県出身、奄美市在住
全長(ft/m) ティップタイプ 継数( 本) 仕舞寸法(cm) 先径(mm) ガイド数 適合ルアーg 適合PEライン 価格(税別)
6.3/1.91 チューブラー 2 98 1.0 12 0.5~10 0.2~0.6 ¥74,500

ここからは、クリスター63  BF-プレミアの特長を詳しく紹介していきます!

 

 

クリスター63  BF-プレミアの特長をピックアップ

クリスター63  BF-プレミアというアイテム名の由来

BF…ベイトフィネス
premier(プレミア)…最高の。NO.1。

 

ブランク:#1&#2(ティップの先端からグリップエンドまで)
東レ(株)最先端高弾性40t 炭素繊維素材「トレカ®M40X」を使用

ブランクには、東レ高弾性最先端 40t 炭素繊維素材「トレカ ®M40X」をティップの先端からエンドまで使用し、完全アーバーレス化を実現。

 

ショートスパイラル・ガイドセッティング

超軽量ジグヘッド使用時の感度と飛距離の両立を目指して、ガイドセッティングを色々と試しつつ繰り返しテストした結果、わずか15cmという短いスパンでのショートスパイラルガイドセッティングを採用!

 

 

 

チタンフレーム(ダークグレー)トルザイトリングガイド
※スパイラル部分3つのガイドのみチタンフレーム(ダークグレー) Sic-sを採用

チタンフレーム(ダークグレー)トルザイトリングガイドをメインで使用。
そして摩擦の熱伝導を考慮し、スパイラル部分3つのガイドには、Sic-sが採用されスムーズなラインの放出が可能になっています!

スパイラル部分以外は糸抜けを意識して内径がより大きい『トルザイトリングガイド』を採用!

 

リールシート

富士工業”ECS”リールシートを”完全アーバーレス”で採用
ClearBlueオリジナルのメタリックブルーで塗装

 

印籠継:高精度なジョイントにより、スムースなベンディングカーブを実現。

以上、クリアブルーから2022年11月に登場予定となっているNEWアジングロッド「クリスター63BF-プレミア」をご紹介しました!
軽量ジグ単から10gのハードルアーまで扱えるロッド!
1本持っておくと、かなり重宝しそうです!

なお、クリアブルーのロッド、ワーム、ジグヘッドなど、各アイテムは、公式WEBショップで購入できるモノも、けっこうあるので、気になる人はこちらもぜひチェック!

本岡 利將(Toshimasa Motooka) プロフィール

奄美大島を拠点とするアジング・ライトゲームブランド《 ClearBlue 》の代表。根っからのアングラーで、その経験を活かして釣具メーカーに就職。アジ&メバルの製品開発を勢力的にこなす日々を送る日々を過ごしたのち、その経験を活かし、2015年に「クリアブルー」を設立。こだわり満点のアジング、メバリング用ロッドやルアーを多数輩出中。広島県出身、奄美市在住