ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バスに違和感を与えないロッド設計!ZPIのアルカンセロッド「ALC–JW69MHST」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

気温とともに水温も高くなり、水の中もようやく春を迎える頃となりました。

春はバスの産卵シーズンで、活性も高くなるタイミング。

しかし、ルアーに対しセレクティブになったり、冬を引きずる個体も多く、攻略は一筋縄でいかないことも。

プラグやジグ系でゴリゴリ巻いて釣りたいところですが、やはり繊細に誘えるワーム系は手放せません。

 

ワームゲームに使いたい!ZPIのアルカンセロッド「ALC–JW69MHST」

出典:ZPI公式「ALCANCE ROD」詳細ページ

そんな時に持っておきたいロッドが、ZPIのアルカンセロッド「ALC–JW69MHST」

アルカンセロッドはバーサタイル・ジグ&ワーム・ファーストムービングの3タイプが展開されており、この「ALC–JW69MHST」はワーミングゲームに特化したロッド。

 

スペック
モデル 全長 仕様 ルアーウェイト ライン 価格(税込)
ALC–JW69MHST 2.05m(6フィート9インチ) グリップ着脱タイプ 1/4 ~ 1 oz  8 ∼ 16lb ¥40,700

「ALC–JW69MHST」は7gシンカーまでのワームリグ全般にマッチしたロッド。

リグもノーシンカーからライトテキサス、ヘビダン、リーダーレスダウンショット、カバーネコ、フリーリグ、フットボールジグと幅広く対応しています。

ちなみに、番手の表記は、JWはジグ&ワームの表記。バーサタイルはV、ファーストムービングはFMとそれぞれの頭文字をとったモノとなっています。

レングスは6ft9inch、パワーはMH。STとあるようにソリッドティップが搭載されています。

ZPI公式アルカンセロッド詳細ページはこちら

 

アルカンセロッドの中でもクセ強め?シビアな状況下にも強いロッド設計

実は、この「ALC–JW69MHST」はアルカンセロッドの中でもクセ強めなモデル。

以前紹介したバーサタイルの「ALC–V610M」が万能タイプの優等生なら、「ALC–JW69MHST」は特化型タイプといったところ。

特に注目はブランク設計。高弾性カーボンを使用し、全体的にシャキッとした印象になっていますが、ティップはST=ソリッドティップ。

しなやかさ、よい意味で先までパリパリのロッドではないのです。

もたらすのは、バスがワームを咥えたときの違和感の解消。

バスがワームを咥えた時にパッと放さない。フッキングに必要な「間」を稼いでくれるのです。当然、そんな「間」が、より確実なフッキングをもたらせてくれます。

もちろん、その繊細なしなやかさは、ワーミングにおける操作性・感度でもアドバンテージがあります。

 

細かいシェイクなど、繊細な操作も優秀!

また、程よいティップ加減で、ウィードやアシのような柔らかいカバーとの相性も良いのもポイント。

カバーギリギリにダウンショットやカバーネコを這わせて細かくシェイク…といったことも、このロッドなら簡単にできてしまいます。

ティップガイドも小型のものを採用しており、高弾性ブランクスとの相乗効果もあって、操作性もバツグン!

 

春は状況変化が目まぐるしく、バスのコンディションもバラつきがあります。

気難しいバスもこの「ALC–JW69MHST」であれば、しっかりフッキングができる、そんなロッドに仕上がっています。

ワームは通年で欠かすことのできないルアー。

ぜひ、これからのバスフィッシングに、アルカンセロッド取り入れてはいかがでしょう?

前回紹介記事はこちら

ライトリグ&カバーゲームに特化したバスロッド!ZPIの「アルカンセロッド」からジグ・ワームモデルをピックアップ!

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。