ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ライトリグ&カバーゲームに特化したバスロッド!ZPIの「アルカンセロッド」からジグ・ワームモデルをピックアップ!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ZPIから展開されるバスロッド「アルカンセロッド」

アルカンセロッドシリーズは「全てはキャストから始まる」をコンセプトに開発。

ルアーを意のままに操り、バイトを感じ取り、フッキングを決め、バラさずランディングする。

この一連の基本的な性能を純粋に追求したロッド性能になっています。

 

アルカンセロッドは3タイプのモデルが展開

アルカンセロッドはバーサタイル・ジグ&ワームモデル・ファーストムービングモデルの3タイプが展開されています。

今回はバスフィッシングに欠かせない、ジグ&ワームモデルをピックアップしてご紹介していきます。

ジグ&ワームモデルは、7gシンカーまでのワームリグ全般をカバーする「ALC–JW69MHST」と、カバーゲームに対応した「ALC–JW70H」の2機種となっています。

ZPI公式アルカンセロッド詳細ページはこちら

 

バーサタイルの記事はこちら

プラグからワームまで幅広いルアーやシチュエーションに対応!ZPIの「アルカンセロッド」バーサタイルモデルをピックアップ!

 

 

個性強めのライトリグに特化したALC–JW69MHST

スペック
製品名 全長 仕様 ルアーウェイト ライン 価格(税込)
ALC–JW69MHST 2.05m(6フィート9インチ) グリップ着脱タイプ 1/4 ∼ 1oz  8 ∼ 16lb ¥40,700

この「ALC–JW69MHST」は7gシンカーまでのワームリグ全般、ノーシンカーリグ、フットボールジグなどライトリグの操作に優れたロッドです。

また、アルカンセロッドの中でも特に個性的なモデルで、シリーズ唯一のソリッドティップを採用しています。

ロッド全体はシャキッとした高弾性ブランクス素材になっていますが、ティップの部分はあえて少しだるさを残した低弾性のソリッド。

実は少しだるさがを残したのがポイントで、食い込みの際、反発の弱いティップにすることでバスに違和感を与えにくくし、離しにくくさせるのだとか。

ブランクもアタリを感じ取りやすい素材を使用しているので、タフコンディションの浅いバイトでもしっかりフッキングが決まりやすい性能となっています。

 

シリーズの中核をなすパワーバーサタイルロッドALC–JW70H

スペック
モデル 全長 仕様 ルアーウェイト ライン 本体希望価格(税込)
ALC–JW70H 2.13m(7フィート0インチ) グリップ着脱タイプ 3/8 ∼ 2oz  14 ∼ 25lb ¥42,350

このALC–JW70Hはカバーゲームを主軸に開発された一本で、同じジグ&ワームロッド「ALC–JW69MHST」と比べても、かなり強めの仕上がりになっています。

リグも1/2オンス以上のヘビージグや3/4オンステキサスリグに対応し、立木・ウッドチップといったヘビーカバーエリアを想定しています。

ブランク設定も、ロッド先端まで硬さがあるパワーが持ち味で、取り回し重視のショートリアグリップが特徴。

レングスも7フィートになっているので、スキッピングやピッチングといった操作も容易です。

#5/0∼#7/0サイズの特大フックでもロッドパワーを活かし、フッキングを決めることができるので、5インチクラスギル型ワームや、8インチクラスシャッドワームにも最適!

ラインに関しては20ポンドがベストマッチ!

非常にパワーのあるロッドなので、カバーから強引にバスを引きはがすようなカバーゲームにオススメのロッドです。

 

バスフィッシングをするうえでワームは不可欠な存在。

ライトリグ・カバーゲームそれぞれを想定して設計されていますので、ぜひ気になった方はチェックしてみてください!

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。