ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

春の大鯛も気になる季節。2022年新作タイラバロッド「レッドフリップ」の存在意義を舟木雄一さんに直撃

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

あっという間に春を迎える…ということで、気になるロッドとして挙げている天龍の「レッドフリップ」

2022年にフルモデルチェンジとなる、全国区で通用するロッドシリーズです。

その概要や、全6機種の特徴はこれまでご紹介してきました。

出典:天龍公式レッドフリップ詳細ページ

レッドフリップ概要

天龍のマダイゲームを担う「レッドフリップ」が2022年フルモデルチェンジ

レッドフリップ6機種の特徴

どのレッドフリップにする? 天龍のタイラバロッド最新作、全機種解説

全国区となったゆえに、細かな状況別ロッドとなった

巻くだけでマダイ(を含めた多彩な魚)が釣れるとあって、あっという間に全国区となったタイラバ。

そして、全国区になったがゆえにフィールドによっての釣り方の個性も出てきたわけです。

そうしたところは過去に配信した記事でもご紹介の通りなのですが、だからタイラバがますます面白くて、だからさまざまな状況にマッチしたロッドも欲しくなる!

そんなニーズに応えるカタチで、この春デビューとなるレッドフリップ。

今回はその役割や目的を、舟木雄一さんに解説してもらいました!

 

全6機種

上記動画の通り、浅場か深場か、掛けか乗せか、ドテラかキャストか…などなど想定しうる状況にマッチする機種が、きっと見つかるであろう全6機種。

6機種のスペック
モデル タイプ レングス(m[ft]) 継数 アクション 仕舞寸法(cm) ルアーウエイト(g) ライン(PE/号) ドラグMAX(kg) リアグリップ長(mm) 先径(mm) ロッド自重(g) カーボン/グラス(%) 本体価格(税別)
RF5101B-UL/VSN ベイト 1.78[5’10″] 1 RS 178 バーチカル30~100
ドテラMAX150
MAX 1.0 2 425 1.4 96 83/17 34,000円
RF5101B-ML/VSK ベイト 1.78[5’10″] 1 F 178 バーチカル45~160
ドテラMAX200
MAX 1.2 3 425 1.2 100 87/13 34,500円
RF642B-L/VDN ベイト 1.93[6’4″] 2
オフセットハンドル
RS 144 バーチカル45~120
ドテラMAX180
MAX 1.0 2 425 1.5 113 91/9 36,000円
RF642B-M/VDK ベイト 1.93[6’4″] 2オフセットハンドル F 144 バーチカル60~180
ドテラMAX250
MAX 1.2 3 425 1.4 116 93/7 36,500円
RF6102B-MH/DK ベイト 2.08[6’10″] 2
オフセットハンドル
RF 159 バーチカル60~200
ドテラMAX300
MAX 1.5 4 425 1.5 129 84/16 37,500円
RF672S-LML/CK スピニング 2.00[6’7″] 2
オフセットハンドル
RF 160 バーチカル45~160
ドテラMAX200
キャストMAX75
MAX 1.2 3 405 1.1 101 92/8 35,000円

そろそろ春の大ダイ狙いのシーズン…という方もいるでしょう。

各状況に「スペシャリティ」を持つ新生レッドフリップで楽しんでみてはいかが!?

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。