ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

O.S.P×bassmania新作コラボアイテム2種に大注目!「とにかくお洒落で可愛いスギ」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

もうすぐ訪れる「春」。

暖かくなる日が待ち遠しいですね。さてさて、春に向けて少しずつ衣替えを行うシーズンになってきましたが、今回は丁度春に着用したくなる超可愛いデザインが施された、「O.S.P」と「bassmania」の新作コラボアイテム2種に注目していきたいと思います!

 

O.S.P×bassmania
ボンディングジップパーカー

2022年3月上旬登場予定

バスフィッシングをオシャレに、そして釣りを楽しんでもらいたいというコンセプトのバスフィッシング専門アパレルブランド「bassmania」との新作コラボアイテム! まずは、「O.S.P×bassmania ボンディングジップパーカー」を紹介。いやいや、可愛いスギでしょ!

Size Fabric Color Price
S/M/L/XL 身頃/レーヨン 80%、ナイロン12%、ポリウレタン8%別布/ポリエステル100% ブラック/グレー 10,450円(税込)

O.S.P公式「O.S.P×bassmania ボンディングジップパーカー」詳細ページはこちら

 

春にピッタリなジップパーカーが間もなく登場。

特長は何と言っても「bassmania」ならではの可愛いお洒落な見た目と、O.S.Pのかっこいいデザインが上手く合わさっているトコロ! 特にフードや袖周りの切り替えデザインが注目ポイントですよ!

 

切り替え生地には、ドライブマニアとオリジナルのペイズリーデザイン柄をプリント。フロント左ムネにはO.S.Pロゴ、バックにはドライブマニアロゴなども施されるコダワリ尽くし!

 

高い保温性と滑らかな肌触り

ボディー生地は保温性に優れていて見た目以上に軽く、ソフトでストレッチ抜群なダンボールニットを採用。ハリとクッション性があることで肌触りもメチャ滑らか! 洗濯後もシワになりにくく、メンテナンスが何せ超ラク! ヘビロテで着用したくなってしまいそう…。

 

着心地もシルエットもデザインもバツグンで完璧! 大人なコーディネートにも最適で、これからのシーズンにもピッタリ。後程紹介する「ボンディングパンツ」とのコーデも最高。男性だけでなく女性も着れるデザインですので、ぜひ参考に! ただ、追加生産なしで初回生産分のみの数量限定販売とのこと…、お早めに!

 

O.S.P×bassmania
ボンディングパンツ

2022年3月上旬登場予定

はい! 続きまして「O.S.P×bassmania ボンディングパンツ」を紹介。

フロントにはドライブマニアロゴ、ミサゴネームが施されたシンプルで可愛らしいデザインが特長です。サイドの切り返し生地には、ドライブマニア、オリジナルのペイズリー柄をプリント。

Size Fabric Color Price
S/M/L/XL 身頃/レーヨン 80%、ナイロン12%、ポリウレタン8%別布/ポリエステル100% ブラック/グレー 10,120円(税込)

O.S.P公式「O.S.P×bassmania ボンディングパンツ」詳細ページはこちら

 

ボディー形状は履き心地とシルエットを重視したオリジナルのパターンで仕上げられ、ヒップからモモ周りにはあえて余裕を持たし、ひざ下を絞ることによって美脚効果をもたらしています。

 

軽くて保温性もバッチリ! 大人なコーディネートができる1着

ボディ生地に関しては保温性に優れ、見た目以上に軽くてソフトでストレッチ抜群なダンボールニットを採用。ハリがあって上品な質感で大人なコーディネートにも重宝する1着です。

 

履き心地もシルエットもデザインも正に抜群。実釣はモチロン、タウンにもピッタリで、先ほど紹介した「ボンディングジップパーカー」とのセットアップも最高。男性だけでなく女性にも着てもらえるデザイン、幅広い方が着用して普段の生活からバスフィッシングまでを楽しめるアイテムですよ。

こちらも追加生産なし、初回生産分のみの数量限定販売ということなので、こちらも気になる方はお早めに。

 

チャック付きポケット

 

車のキーやその他小物類を掛けることができそうなDカンも付属

 

以上、「O.S.P」と「bassmania」の新作コラボアイテム2種の紹介でした! 釣り用やタウン用にぜひ検討してみてくださいね。

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。