ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【69か74か、パワーかフィネスか】アングラーを育てるロッド、ティクトの「アイスキューブ」アンバサダー飛田俊一郎の考え方

寄稿:飛田 俊一郎
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
メバリング特集

皆さんこんにちは。

ティクトアンバサダー、富山の飛田俊一郎(ひだしゅんいちろう)です。

今回は初めてのメバル記事です。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

飛田 俊一郎(Hida Shunichiro) プロフィール

北陸、富山を中心に、海川問わず広く釣りを楽しむマルチアングラー。海はメバル、アジなどのライトゲームを中心にエギングやロックフィッシュ、スモールボートゲーム、川はサクラマスから源流のイワナまで四季折々の釣りを満喫中。近年は、積極的にさまざまな製品開発にも取り組み、プライベートでは仲間たちと3Ⅾプリンターでメバルルアーを作るまでに。また活動範囲も徐々に全国に拡大中。 1975年生まれ 富山県在住 /TICTアンバサダー

 

2本のロッド「ロッキンパワー」と「ロッキンフィネス」

トラウトゲームの延長線のメバル釣り

突然ですが、少し古い話からさせてください。まだ、メバリングという言葉ができるずっと前の事です。

僕がメバル釣りを始めたのは、15年前。当時、春から秋にかけて楽しんでいたトラウトのルアーフィッシング、そのオフシーズンにできる釣りが何かないものか?結果、たどり着いたのがメバル釣りでした。

道具立てはトラウトフィッシングで使っていたタックルをそのまま流用。使っていた7フィートくらいの本流の尺ヤマメを狙うトラウトロッドに2000番クラスのリールにナイロンライン。ミノーをジグヘッドに変えただけの完全流用。(笑) それでも堤防で簡単にメバルを釣ることができました。当時から今と同じく、ジグヘッド単体やプラッギングで狙うメバル釣り。小気味いい当たりや、小さくても強い引き味、そしてトラウトと同じくリグをダイレクトに結ぶ釣りが好きだったのでしょう。

 

また、狙うサイズ感もメバルとトラウトは似ており、それくらいの長さのロッドの取り回しが良かったのもその理由の1つです。しかし、それでも専用ロッドではないため、不満はあるもの。それは、軽量JHを扱うときに、操作感がボケること。もともと、プラッギング用のロッドであるため仕方ありません。当時、専門ロッドが出始めた頃ではありましたが、柔らかかったり、極端に硬過ぎたり、長すぎたり、自分の釣りに合う手頃なロッドが無かったため、しばらくずっとトラウトロッドを使い続けていました。

 

専用ロッドとの出会い

とある年のこと。友人が「ちょっとこの竿を使ってみてくださいよ、めちゃめちゃいいから!」と貸してくれたのが、当時出たばかりの「ICE CUBE IC-69P-Sis(アイスキューブ ロッキンパワー)」と「ICE CUBE IC-69F-Sis(ロッキンフィネス)」の2本。

 

どちらも長さは6フィート9インチで、どちらもそれまでにない繊細なソリッドティップを搭載したモデル。ただし、それぞれの性格は全く違っていました。

自ら積極的に掛けていくタイプの尖ったロッキンパワー。そして、繊細なバイトを食い込ませしっかり乗せるタイプのロッキンフィネス。この2本のロッドが、使っていたトラウトロッドの物足りない部分を完全に補ってくれました。

 

2本のロッドの使い分け

それ以来、ずっと使い続けてきたロッキンパワーとフィネス。

その特長と使い分けを以下にまとめます。

ロッキンフィネス

まず「ロッキンフィネス」は、全体的にしなやかな曲りで、軽量のジグヘッドを操作しやすいモデルです。

漁港や足場の良い堤防で使用することが多く、個人的には外海が荒れて釣りにならない時に、穏やかな港内で遊ぶときに使用します。そのため、釣れるメバルのサイズはそれほど大きくはなく、使用ラインはエステル、フロロ、PEなんでも使用できるものの、アジングのリールに巻いてあるエステルラインをそのまま使う事が多いです。

 

逆に不得意なシチュエーションとしては、消波ブロックのキワなど、強引なファイトを必要とする状況。それに加えて、釣れてくるメバルサイズが25センチ以上になってくると、根ズレやスタックでキャッチ率が著しく下がってしまうという点も否めません。

 

ロッキンパワー

上記の通り、パワーが必要になる場面では迷うこと無く「ロッキンパワー」にチェンジ。このロッドも基本的には、ライトラインならば糸の種類は問いませんが、個人的にはPEラインの使用をおすすめします。

というのも、前述の通り強引にファイトしなければいけない状況での使用が多くパワーが必要。とはいえ、ハードソリッドのティップは瞬間的な不意のバイトや大型メバルの小さなバイトにも対応できるからです。そしてシャープで張りのあるブランクス、これでメバルをしっかりと浮かせることができます。

これらのロッドを使い込むうちに、今まで取れなかったアタリ、獲れなかった大型メバルにも出会えるようになり、更にメバル釣りにハマっていきます。

 

1 / 2
次へ