ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今江克隆のルアーニュースクラブR「ビッグ~ジャイアントベイト専用テクニカルショートロッド!ジャイアントディアウルフの詳細を初公開」の巻 第1085回

連載:今江克隆のルアーニュースクラブR
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

さて、2年連続でなくなってしまったリアル・フィッシングショーの代わりに、今週も引き続き2022年エバーグリーンのバスロッド「カレイド」シリーズ最新リリース情報後編です。

「ジャイアントディアウルフ611XXXH/RS」の詳細を初公開!

まずは2022年初弾として、すでに2022年6月リリースが確定しているのが、昨年冬リリースとなった「ディアウルフ」の最強バージョン「ジャイアントディアウルフ611XXXH/RS」(以下:GD611XXX/RS)。

すでにご存じの方も多いと思うが、自分が2021年中、「レイジースイマー9インチ」や「レイジーハード」、果ては「ジャバロン350メガモンスター」などを投げている時に使っている「インスピラーレ」としては初のビッグベイト~ジャイアントベイト専用のテクニカルショートロッドである。

ジャイアントベイトロッドと聞くと、一般的にはとんでもない太さと硬さの、流用がきかないゴン太系ロッドのイメージがあるかもしれないが、「GD611XXX/RS」の最大の特徴は45gから200g前後のビッグベイト以上ジャイアントベイト以下の「ビッガーベイト」のキャストアキュラシー、操作性に最大の威力を発揮する強靭なロッドだという点にある。

今江克隆のルアーニュースクラブR「ビッガーベイト!今江的2021年のMVL(MostValuableLure)を紹介〜第3位〜」の巻 第1079回

このロッドの特徴は、使用できるルアーの上限値と下限値が極めて広いことで、下は「ギルロイドJr.」(50g)から最大上限「ジャバロンメガモンスター350」(約390g)までを扱える強靭性を持つ。

「GD611XXX/RS」の実釣時のベントカーブ。操作時はファーストアクション的だが、負荷が掛かるとスローアクション的に全体で曲がる。1本フック掛かり状態でもバラさないための対負荷可変アクション

ビッグベイトショート

同時に開発時の別名が「ビッグベイトショート」と呼んでおり、一般的なビッグベイトロッドに比べ6フィート11インチと7フィート以下に抑えたショートロッドである。

このロッドを作った明確な狙いは「ビッグベイトをショートレンジで重さを苦にせず正確に静かに投入する能力」、そして10〜30㎝単位の移動距離で繊細に、かつ鋭く、速く動かせる「大型高抵抗ルアーの短距離内最大操作能力」にある。

「GD611XXX/RS」“ビッグベイトショート”は、ボート、オカッパリを問わず接近戦での繊細な操作勝負が多い霞ケ浦水系では、特に有効なロッドである

そのため「GD611XXX/RS」の際立った特徴は、一目で見ただけで分かる、その特異とも思える「T-KGTT6 F-2.8トップガイド」を装備した極太肉厚のティップセクションと、ビッグベイトロッドとしては異端の「エイトシェイプ・ショートグリップ」にある。

「GD611XXX/RS」の特徴は一見して分かる独特の「エイトシェイプ・ショートグリップ」と、肉厚極太なティップに装備された「T-KGTT6 F-2.8」の頑強大型トップガイドだ

「エイトシェイプ・ショートグリップ」とは、片手でロッドエンドを握ってエイトトラップしてもスッポ抜けず、ガッシリとホールドするための特殊形状グリップで、バランサーなしでショートグリップヘビーロッドを軽快に操作できる工夫である。

この「GD611XXX」の実戦例としては、200g近い「レイジーナイン」のフルキャストを1日続け池原ダムの60cmUPを仕留めており(今春に動画公開予定)、同時に2021年オールスターKOKでは50gの「アンドロイド改ジャバロンテール」の近距離ピッチングで、ほぼ2日間疲れ知らずでキャストし続けることができた。

それほどルアーの重量に対しての適応が広く、ヒジや肩の疲労を最小限にできることが、このロッドの最大の魅力だ。

池原ダムにて「レイジーナイン」(180g)を丸1日投げてもヒジや肩への負担は最小限。フィネスな操作感と同時に9インチのハドルテールをダートさせられる強靭なベリーパワーを併せもつ

「ジャイアントディアウルフGD611XXX/RS」のコンストラクション構成等を紹介!

1 / 2
次へ