ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【太軸でバレにくい】軽量から重量ウエイトまで全てタングステンを採用!家邊克己が現在開発中の新作ジグヘッドについて解説

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

新年早々、新製品の情報続きにはなってしまいますが、ワーム、ロッドときたらジグヘッドですね。モチロン、ジグヘッドも開発中です(笑)。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

 

現在開発中!2大コンセプトを持つ新作ジグヘッド

具体的な名称や形状はまだ開発中ですが、明確なコンセプトは決定しています。

ダイヤモンドヘッド」と「ストリームヘッド」の間のようなジグヘッドにしたいと思い、今回考えたコンセプトは大きく分けて2つ。

 

ダイヤモンドヘッド

サーティフォー公式「ダイヤモンドヘッド」詳細ページはこちら

 

ストリームヘッド

サーティフォー公式「ストリームヘッド」詳細ページはこちら

 

コンセプト1:太軸を採用する

1つは「太軸」を採用することです。これまでサーティフォーのジグヘッドでは線径0.51mmのものを基本的に使用していました。これを太軸にしようと考えています。

なぜ太軸にするかというと、バレにくくするためです。細い線径だと刺さりこみが良くなるというメリットはありますが、長くやり取りをしていると線径の細さ故にそこから裂けてきてしまいます。太軸にすると裂けにくくなるので圧倒的にバレにくくなることがテストでも分かってきました。

 

コンセプト2:タングステンを使用する

もう1つのコンセプトはヘッドにタングステンを使用することです。これまでサーティフォーの製品ラインナップでは、「ストリームヘッド」の重量ウエイトにのみタングステンヘッドがありました。

今回開発しているジグヘッドでは、軽いウエイトから重量ウエイトまで全てタングステンを採用しようと考えています。今のところは0.3gから3.0gぐらいまでリリース予定です。形状などが決まれば、テストしつつまた皆さんにもご紹介したいと思います。

 

解説動画も参考に

 

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい