ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【2022年はデッドスローに】ティムコの人気ビッグベイトに新バージョン「MB-1カスタム180DSF」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

写真でピンときた方も多いかとは思いますが、MB-1です。

「モンキーブレインベイツ」のハンドメイドルアービルダー・井佐知之さんのオリジナル「MB-1」をカスタムして、昨年ティムコから登場し、話題を呼んだのがMB-1カスタム175F。

しかし、写真のMB-1は175Fではありません。ティムコの2022年ビッグベイト「MB-1カスタム180DSF」です。

MB-1カスタム180DSF

MB-1カスタム180DSF。DSFが意味するところは、デッドスローフローティング。

ボディ前方のウエイトは若干重たくし、MB-1カスタム175Fで好評を得ていたなまめかしさはそのままに、アンダーウォーターでの扱いやすさをさらにブラッシュアップしたモデル。

ウエイトのほかに、「水面下での動き」を意識してチューンされたのが2点。リップとテールです。

左は180DSF、右は175Fのリップ形状

左は175F、右は180DSFのテール

リップは潜行深度を稼ぎながらも、操作感・アクションを損なわない形状となり、テールは180DFSが長くなった。ロングテール化したことで、水を受けてもスタビラザー効果を発揮してくれる。

また、このロングテールがスローなアクションでも長さの分アクションの余韻が伝わり、なまめかしさが出るようになっているのも特徴。

もちろん、MB-1カスタムの簡単にジョイントの折れ角を調整できるシステム「NTD」も健在。

ジョイント部の3つのホール、そのポジションでアクションが変わる「NTDシステム」

ジョイント部に3つのホールが設けられ、NTDとはアクションの頭文字からきたもの。

N=Normal mode
T=Tight rolling mode
D=Dead sticking mode

ノーマル、タイトローリング、デッドスティッキング、3つのアクションを出せるNTDシステム搭載のMB-1に、「デッドスローフローティング」という要素が加わったMB-1カスタム180DFS。要チェックの存在といえるでしょう。

全長:180mm
ウエイト:1.5oz(43g)
タイプ:スローフローティング
価格:4,300円(税別)

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。