ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【釣れすぎ注意/デイでも爆釣】アピール力とスローフォール共にUP!アクアウェーブの新製品「マッスルバグ1.8in」を実際に使ってみると

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

 

以前、紹介したアクアウェーブの新製品「マッスルバグ1.8in」。

ボディ全面にびっしりとリブが刻まれた「マッスルバグ1.4in」のサイズアップモデル。メバリングを中心としたSWライトゲームで非常に活躍してくれるワームの1つになります。さて、そんなリリースされたばかりの「マッスルバグ1.8in」、使うとどんな感じなのか? 先日、メバリングへ行く機会があったので実際に試してみることに。今回は使ってみた時の感想を交えながら、改めて「マッスルバグ1.8in」の魅力についてお伝えしていきたいと思います。

 

凄まじい集魚効果! 「マッスルバグ1.8in」を実際に使うと…。

訪れたのは今回で2回目となる港。デイゲームだったので、正直釣れないことも覚悟していました。

遠浅の外向きと漁港の内向き両方で狙うことができ、前回はどちらでもポツポツ釣ることができましたが、メバルが目視で見えていたこともあったので、初めは内向きからスタート。足元の堤防沿いにメバルが所々に居る感じ。少し遠めにキャストしてサイトで狙っていきます。前回訪れた際も同じようにサイトで狙ってはみたものの、見向きもしてくれない状況でしたが、今回はカナリ高反応。食わせ方が分かってからは入れ食い状態…。

 

重めのウエイトでもレンジキープがやり易い

釣り方は、見えているメバルよりも沖向きにまずはキャスト。

メバルの目線より上を通すと追尾してきてバイトすることが分かったので、着底してからはシェイクしながら早めのリーリングを行った後にロッドをサビく。この動作を繰り返します。ワームが見えない深い所にある場合は、ブラインドでバイトしてくるメバルを狙いつつ、見えているメバルが反応すれば一度リーリングを止めて一点シェイク。見切られそうになる少し手前で、同様シェイクしながら早めのリーリングを行います。

 

この時、0.8gのジグヘッドを使っていましたが、記者が目で見た感覚だと0.5gとか0.3g並みの沈下速度。

マッスルバグ1.8in」はボディサイズが大きくなった分、ボディ幅もワイドに。よって、フォールスピードもさらに遅くなっているのでレンジキープもやり易くなっています。この釣行では、その場所に潜んでいなかったのか? 記者の腕が未熟だったのか? デカメバルは出現しませんでしたが、言い換えるとワームのサイズが上がっても、このサイズのメバルを数釣って楽しむことができる! 控えめに言って従来サイズと同様「良く釣れる」ワームになっていますので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

マッスルバグ1.8inの特長をおさらい

では、特長も改めておさらいしておきます。

多くのテスターやアクアウェーブ開発スタッフの中で、「サイズアップモデルが欲しい」という意見が一致したことで登場した「マッスルバグ1.8in」。「もっとアピールしたい」、「もっとスローなアプローチが必要」ということを実現するために開発。「アピール力」と「スローフォール」を高めることを考慮しながらも、絶妙なボディ幅とフッキング性能を損なわないように、テストを徹底的に行った上で1.8inというサイズ感に設定。

Muscle BUG 1.8in : 1.8inch / ¥385(税込)[6本入り]

アクアウェーブ公式「マッスルバグ1.8in」詳細ページはこちら

 

マッスルバグ1.4inとの比較

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

サイズアップしたことで、「アピール力」と「スローフォール」を実現。

前途したように0.8gのジグヘッドへセットしていても記者個人的に、0.5gや0.3g並みのフォールスピード! では0.3gを使うとどうなるのか? 気になる方は実際に試してみてください。これまで釣れなかった魚を釣ることができるかも。メバリングにフォーカスして解説してきましたが、アジングにも有効! 良型を狙う際は特に持ってこい! なワームとなっていますよ。

 

その他の特長はオリジナルを継承!

多くのリブによる効果、フックセットがやり易くなる下穴、オリジナル甲殻類フレーバーなど! 他の「釣れる」特長はオリジナル譲り! 詳しくは以下の記事をチェックしてみてくださいね。

【潮噛みマクりの全身リブリブボディ】メバリングのオススメワーム「マッスルバグ1.4in」を紹介

1 / 2
次へ