ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【潮噛みマクりの全身リブリブボディ】メバリングのオススメワーム「マッスルバグ1.4in」を紹介

水温が下がってきて、いよいよメバリングの楽しい季節がやってきましたね!

そんな中、今回ご紹介したいのはアクアウェーブの全身にリブが入ったあのワーム。

 

マッスルバグ1.4in【アクアウェーブ】

2020年2月に登場した「マッスルバグ1.4in」。いよいよ効き始めますよ!

見ての通り、こちらのワームは全身に採用された多くのリブが最大の特長で釣れる理由でもあります。では、さっそくどういった特長を秘めたワームなのか? ご紹介していきましょう。

アクアウェーブ公式「マッスルバグ1.4in」詳細ページはこちら

 

一見、幅のあるボッテリとしたフォルムですが、リブが全体のシルエットを形成しているので、思ったほどボリューミーでもありません。

どちらかと言えば、リブでできたワームみたいな感じ。

リブの入り方もボディ全体に入っているのではなく、下の写真のようにリブが薄い箇所と深い箇所に分かれています。

 

硬めのマテリアルと深いリブによって操作性もUP!

ワーム素材はPVC素材で若干硬めに設定されています。
それによってリブが自立して柔らかいリブより水流を受けやすくなり、1.4inとは思えないほどの操作感を実現。

水流も受けやすく、ボディが若干ファットなので水流を受ければ受けるほどスローフォール。食わせの時間を与えやすくなります。

そしてタダ巻きすると、安定した直線軌道を刻みながらテールをゆっくりふるわせてアクションしてくれます。

とにかく、潮噛みがいいリブ系ボディなので、操作感がよく、スローフォールしてくれるのが◎。

 

アクションは以下の動画を参考に

 

フックセットも簡単!フッキングもバッチリ!

ジグヘッドへの装着のしやすさと、フッキングにも拘った「マッスルバグ1.4in」。

誰にでも簡単にフックセットができるように、下穴が設けられています。夜間など手元が見にくい時にも助かりますよね!

 

また、フック用ガイドホールもボディの背中寄りに設置されているので、フッキングミスを避けることができます!

 

ニオイでもアピール

甲殻類フレーバー付きで寄せる力も抜群! バイトチャンスが増えると共に咥えている時間が長いのも特長の1つ!

1 / 2
次へ