ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【フィンガースルータイプが特長】指先の冷えを最小限に抑えてくれる!家邊克己が「超高感度グローブ」の最新モデルを紹介

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」

皆さん、あけましておめでとうございます。2022年度もサーティフォーを引き続き、よろしくお願いいたします。

新年早々、メチャクチャ寒い日が続きますが、それでも我々はテストがあるので釣りに行かなければなりません(笑)。そんな極寒の中で釣りをしていく中で、防寒対策がとても重要になってくるわけですが、特に寒さを感じるのが指先です。サーティフォーはこれまで「超高感度グローブ」というシリーズを発売してきましたが、2022年に超高感度グローブに第4弾となる新作が登場予定ですので、今回はそちらを少し紹介させていただきます。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

 

フィンガースルータイプが注目ポイント! 超高感度グローブのNEWモデルをチラ見せ

なんといっても、今回の特長はフィンガースルータイプにしたことです。

従来は親指・人差し指・中指の部分がカットされていましたが、必要に応じて指を入れることが可能になっています。キャスト時やジグヘッドにワームを刺す場合にだけ指を出してやれば、指先が冷えるのを最小限に抑えることができます。

 

僕は最近、中指は完全に出さずに釣りをしています。中指1本といえども体感の冷えはかなり抑えることができています。指を出している部分は折り返してポケットに入れておくことができるので、じゃまになりません。ここがベルクロのタイプのグローブも多いですが、それだとラインが絡んでしまいます。

ポケットであっても形状によっては絡むことがあるため、色々なポケットの形状や位置をテストして今の形に落ち着きました。発売は2022年10月頃という感じで、少し先にはなりますが、快適にアジングができるアイテムですので、お楽しみにお待ちいただければと思います。

 

【34】超高感度グローブⅣを家邊克己が解説!【新製品】

出典:YouTubeチャンネル「THIRTY34FOUR」

 

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい