ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【限定生産】ライトゲームで不動の人気「ローリングベイトリップレス」のチューニングタイプ「RB48リップレス【ワインドダートモデル】」登場

本格的な冬が訪れ、何かとライトゲームがザワつくタイミング。

ライトゲームといえば…そう、年に一度の限定生産アイテムが今年もいよいよ登場です。

気づけば売り切れてた、買えたけどロストした…待ってた方も多いんじゃないでしょうか?

 

RB48リップレス【ワインドダートモデル】

タックルハウス公式「RB48リップレス【ワインドダートモデル】」詳細ページはこちら

メバルをはじめ、マイクロベイトパターンのシーバス、他ライトターゲット狙いに定評のある「ローリングベイトリップレス」をチューン。スペック的には48mm/4.5g。またフックはフロントのみで、リング#0・フックST26#12を装備。またリアのアイには極小ブレードを搭載。

 

リアフックを外すとスライドダート仕様になってめっちゃ釣れる!

そうなんです、開発のキッカケは各テスター陣から「リアフックを外すとスライドダート仕様になってめっちゃ釣れる!」という話が出ていたのがキッカケだったそうな。

フックを外し、スライドダート幅を殺さない超極小リアブレードをセットすることで、全体のアクションのバランスを整え、集魚効果も高めているという「ワインドダートモデル」。

気になるアクションですが、公式HPによるとこんな感じ。

竿先で弾いて糸ふけを出せば横方向にキレのあるスライドダート。連続して行うと左右に連続ダートしてやる気の無い個体に捕食スイッチを入れます。ただ巻きでもナチュラルにスラロームスイム。フォール時とスイム時はリアの極小ブレードが細かな煌めきをプラスしてアピール。

出典:タックルハウス公式HP

もちろん魚が相手の釣りなので、「絶対」なんてありえないのは重々承知。…ただ、そのキッカケ、見た目、アクション、限りなく絶対に近いと言って良いほどに効きそうと感じるのは記者だけでしょうか。

水面直下を探ったり、ボトムから誘いあげたり。またワインドダートのみならず、フォールさせたり、ただ巻きでゆったり見せたり。その使い所の広さもまた魅力。

 

カラーはアピール系からナチュラル系まで。デイ~ナイトに対応するリミテッドカラー全7色

カラーはベースとなっている「ローリングベイトリップレス」とは異なるシーズナルリミテッドカラーの7色がラインナップ。

 

限定生産アイテムのためこのチャンスを逃せば、次に入手できるのは1年後という可能性大。見かけた際はお早めに。

 

ローリングベイトといえば…気になるこちらもチェック

【ハイピッチロール+S字軌道】タックルハウスの名作「ローリングベイト」シリーズにNEWタイプが登場

 

タックルハウス(TACKLE HOUSE)

1982年設立、東京都町田市を拠点とするルアーメーカー。主に取り扱っているルアージャンルはシーバスをはじめとるソルトルアー、そしてトラウトルアー。 「K-TENシリーズ」「ローリングベイト」「Pボーイジグ」「ナブラ刑事」「ツインクル」「エルフィン」など、超ロングランヒットを続けるルアーを多数輩出。 また「CONTACT」や「SHORES」など、多くの人気ブランド、シリーズがある。