ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【日中に!?】そろそろデイイカメタルゲームが楽しめるシーズンですよ!

イカメタル(鉛スッテ)と呼ばれるルアーを用いてオフショアからスルメイカケンサキイカといったターゲットを狙う「イカメタルゲーム」。地域やイカの種類によって釣期にバラつきはあるが、おおよそ春から秋がハイシーズンとされている(もちろん冬にも釣れる)。

イカメタルゲームといえば、夜間に煌々と集魚灯を焚いて釣るイメージが強いと思うが、この時期から春にかけての数ヶ月間、富山周辺ではデイゲームでスルメイカをメインに狙うことができる。

富山湾で日中に狙う「デイイカメタルゲーム」

日中にはあまり釣れるイメージのないイカメタルゲームだが、富山湾では水深100mといった、一般的なイカメタルよりも深いポイントを狙うことで、日中でも釣りが成立する。

タックルは、6ft後半ミディアムヘビーアクションのロッドカウンター付きのベイトリールPE0.4号リーダー8lb20号前後のイカメタル&1.5号前後のドロッパーが目安。深場を効率よく探るには、これぐらいのタックルセッティングが必要だ。

アクションは一般的なイカメタルと同じで問題ない。誘いとステイを繰り返しながらアタリを取っていく。ただ、冬場の日本海は当たり前のように荒れるので、ウネリの中でもしっかりと、目と手でアタリを取ることが釣果を大きく左右する

デイイカメタルゲームの魅力(メリット)

デイゲームの大きな魅了(メリット)は、何よりも明るいということ。ティップをしっかと目視することができるため目感度でアタリを取りやすい。フワッとティップが戻る小さなアタリもフックキングに持ち込みやすく、これがデイゲームの大きなアドバンテージとなる。

また、集魚灯に虫が寄ってくることがないので、プンプンと飛び回る虫の煩わしさもない。遅い時間帯やナイトゲームでの船酔いがヒドいという方にもオススメだ。

クレイジーオーシャン上野氏西岡氏を迎えた実釣では、朝イチからレギュラーサイズはもちろん、良型のダブルヒットを連発。釣って楽しい、食べて美味しい冬のスルメイカゲームを堪能することができた。

この様子は、コチラの動画もでご紹介しているので、これから挑戦してみようと考えている方は、ぜひ参考にしていただきたい。初心者や女性の方も楽しめる釣りなので、一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。