ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【重いバイブをPEタックル使う】これ、ソルトじゃなくてバスの話

冬といえばバイブレーション。

遠投してリフト&フォール、リアクション狙いの早巻きとか、もはや冬の定番になりつつある釣り。

そして、どうやら最近この釣りにPEラインを使う…というのが流行りつつあるような。

 

重バイブ×PEベイトの可能性!![金森隆志]

出典:YouTube「RAID JAPAN Official Channel」

先日配信されたこちらの動画。もうご覧になりましたか?

冬といえばバイブレーション、バイブレーションと言えばレベルバイブシリーズ。そうなんです、カナモことレイドジャパン金森隆志さんが提唱するのがPEタックルでバイブレーションの釣り。

 

PEラインを使うメリット

金森さんが言うPEラインを使うメリットとは。

1つはPEラインはラインの径が細く抵抗が少ないために、飛距離がバツグンに出ること。

 

そしてもう1つは、その伸びのなさゆえ感度がバツグンに良いこと。フルキャストしたはるか沖で、15cm~20cmほどプルッと動かした際の波動を感じ取ることができる。また、より遠く、より深いエリアのショートバイトも感じることができると。

 

伸びの少なさで言うと、もう1つメリットが。より遠く、より深いエリアで食わせた際に、ラインが伸びない分フッキングパワーが届きやすいと。

 

シチュエーション的には普通に浅いエリアなら、これまでのようにフロロでOK。ただし、遠投した先が深いフィールド(水深5m以上)だと、圧倒的にメリット高し。

 

さらに、もう1つ。バラしが激減する。

 

重バイブにPEラインアリかも…なんて思っちゃいますよね?

タックルセッティングやルアーセレクトなど、他にもキモはあるようで。百聞は一見に如かず。気になる方は本編をぜひチェック。

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。