ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ビーツTG】伊藤巧プロデュース! RYUGIの注目シンカーが登場【2021年12月ついに店頭に】

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

リューギで開発が進められていたのが伊藤巧さんプロデュース!特殊形状のヘビキャロ用シンカー「ビーツTG」。


通称ツボチューブと呼ばれるこのシンカーは、幾度となく繰り返されたテストを経て、ついに登場!

今回はそんな気になる「ビーツTG」についてご紹介します!

ビーツTG【リューギ】

2021年12月頭登場

このビーツTGは、伊藤巧さんプロデュースのヘビーキャロライナシンカー。

見ての通り、ツボのような独特なデザインで、ツボ型のタングステンシンカーの中にストローのようなパイプがささっている構造!

なぜこんな形をしているのか?というという、狙いは2つ!

1つがスナッグレス性能を高めるため!

そしてもう1つが、意図的に適度にスタックさせるためのデザイン。

バスの付き場でガッツリスタックしてしまう形状だと根掛かりの心配が…でも適度にスタックさせることができれば、バスのいる確率の高い場所で長く誘うことができ、またバイト率の高いハングオフを演出させることもでき、よりキャッチ率が高まるというわけ!

 

ビーツTGのウエイトは17.5g、21g、28gの3種類あり

ウエイト 入り数 希望小売価格
5/8oz(17.5g) | 1 ¥630
3/4oz(21g) 1 ¥720
1oz(28g) 1 ¥900

 

このビーツTGについては、伊藤巧さん自ら解説してくれている動画があるので、ぜひチェック

伊藤巧のヘビキャロシンカー「ビーツTG」解説【たくみづけvol.5】

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

アメリカでも日本でも、このシンカーを使っているという伊藤巧さん。
実際このシンカーを使ってのロスト率は恐ろしいまでに低いそうな!

というわけで「ビーツTG」は、ヘビキャロが苦手な方はもちろん、いろんなアングラーに一度は体験してほしい超オススメシンカー! 要チェックです!

リューギ(RYUGI)

兵庫県丹波市を拠点に、バスフィッシング用フックを中心とし、こだわりのシンカーや特殊リグパーツほか様々なバス釣りアイテムを輩出中。