ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ミッチー高橋こと高橋慶朗さんがロケで使用していたリール。質実剛健を地でいく「セルテートSW」シリーズ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
ジギング特集

ミッチー高橋こと高橋慶朗さんと行ってきた、隠岐の島ショアキャスティングゲームのロケ。

先日、持ち込んでいたロッドについてお伝えしたのですが、ちょっと待て…と。

ロッドもさることながら、ショアキャスティングゲームは絶対リール!リールが大事だぞ!というリール重視派から「リールを詳しく教えてほしい」という声があったとか、なかったとか。

というわけで、ロッドに続き今回のお話はリールについて。

高橋 慶朗(TAKAHASHI MICHIAKI) プロフィール

「ミッチー高橋」の愛称で親しまれるダイワフィールドテスター。シーバスをメインにサーフゲームやロックショアなどソルトルアー全般に造詣が深いマルチアングラーとしても知られる。オオニベでラインクラス別の日本記録に認定、またスズキのラインクラス別世界記録を樹立するなど、ランカーハンターとしてその名を知る人も多い。

 

2本のメインタックル

ロケ当日は、朝イチや潮変わりのタイミングではトップウォーターのダイビングペンシルで様子を見つつ、メインはジグで広いレンジを探っていくという展開。

つまり、ダイペン用とジグ用の2本のタックルがメインだったんですが、その2本のタックルにセットされていたリールが「セルテートSW」シリーズ。

 

そのリール質実剛健【21セルテートSW】

19セルテートの基本性能を継承しつつ、2021年に鳴り物入りで登場。

フルアルミのモノコックボディによる剛性、そして従来品に比べ1.3倍の強度を誇り巻き上げにトルクを生み出すG1ジュラルミン製MC(マシンカット)タフデジギアを搭載。

さらに、マグシールド/マグシールドボールベアリング、ATDドラグ、LC-ABSを搭載し、特筆すべきは旧ソルティガにも採用されたZAIONエアローターを搭載している点。これにより軽さと強さの向上に貢献。

ミッチーさんいわく…軽くて高耐久、かつトルクフルで軽い滑らかな巻心地で、飛距離とトラブルレス性能を発揮する、というSWシーンの新機軸となりうるモンスターリールであると。

 

ちなみにラインナップとしては、19セルテートを上回る8000~18000に加え、さらに2021年の12月にはその間を埋める5000・6000が追加(6000-Pのみ2022年1月登場)され、全6サイズがラインナップ。ショア~オフショアまでのハードなゲームを網羅できる番手が揃う盤石の布陣。

スペック一覧
品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比 自重
(g)
最大ドラグ力(kg) 標準巻糸量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
ハンドル長さ(mm) ハンドルノブ 税込価格(円)
5000-H 96 5.7 385 15 2.5-300
3-210
10/1 65 パワーライトノブL 66550
5000-XH 104 6.2 385 15 2.5-300
3-210
10/1 65 パワーライトノブL 66550
6000-P 86 4.9 375 15 3-300
4-220
10/1 65 パワーライトノブL 66550
6000-H 101 5.7 375 15 3-300
4-220
10/1 65 パワーライトノブL 66550
6000-XH 110 6.2 375 15 3-300
4-220
10/1 65 パワーライトノブL 66550
8000-P 92 4.8 615 25 3-400
4-300
8/1 75 EVAラウンド 81180
8000-H 111 5.8 625 25 3-400
4-300
8/1 80 ハイグリップエッグ 81180
10000-P 98 4.8 620 25 4-400
5-300
8/1 75 EVAラウンド 81180
10000-H 118 5.8 630 25 4-400
5-300
8/1 80 ハイグリップエッグ 81180
14000-XH 134 6.2 635 25 5-400
6-300
8/1 80 ハイグリップエッグ 81180
18000-H 131 5.8 850 30 6-400
8-300
8/1 85 ハイグリップエッグ 93720

ダイワ公式「セルテートSW」詳細ページはこちら

 

1 / 2
次へ