ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【対青物用のHUミノー?】横浜アイランドクルーズ須江一樹が開発中のプロトヘビーシンキングミノーを語る!

寄稿:須江 一樹
新製品総力特集2022

こんにちは!横浜アイランドクルーズの須江一樹です!

今回は現在開発中のルアーで、なかなか良い感じに仕上がってきている「HUミノー111SS(仮称)」についてご紹介します!

須江 一樹(Sue Kazuki) プロフィール

横浜の東京湾シーバスガイド「アイランドクルーズ」の船長として東京湾を案内する傍ら、休みの日は船・オカッパリ問わず関東各地の海に釣りに出かけるホンモノの釣り好き。横浜市在住。

 

青物狙いのHUミノー

「HUミノー111SS」は青物狙いなどで多用される固定重心のヘビーシンキングミノーです。

HUミノー111シリーズそのままのボディ形状で、内部のウェイト構造のみを変更してヘビーシンキング化しております。

 

ウェイトは約33gとかなりの重さ。用途としては、追い風・向かい風問わず安定した飛距離を生む事ができる為、船ではナブラ撃ちやボイル撃ちベイトボール撃ち等、ほか陸っぱりでは飛距離を稼ぐ為のルアーとして使うことを想定。

HUミノー111SSはぶっ飛びミノーであることはもちろんですが、飛ぶ以上の性能を数多く備えています。

 

こだわり①:泳ぎ

ヘビーシンキングミノーは一般的に、重くして飛ばせるようにしてある代わりに泳ぎが犠牲になっているものが多いですが、HUミノー111SSは泳ぎにこだわっています。

HUミノー111SSは、HUミノー111Sに比べて非常にワイドなウォブリングアクションです。このウォブリングアクションが生む強烈な波動と煌めきが、巻くだけでターゲットに強烈にアピールします。

まず青物狙いなどで多用する超早巻きですが、テスト時にはワイドアクションながら僕の限界早巻きにも動きが破綻することなく、水面から飛び出すこともなく、きっちり安定したアクションを実現しております。

今年の東京湾では4000XG以上のリールを用いた超高速巻きが青物狙いに有効でした。東京湾生まれのHUミノー111Sは、もちろん超早巻き青物パターンに対応したミノーになっています。

 

こだわり②:スローにも対応

HUミノー111SSは、高速巻きとは逆にスローに巻いてもアクションします。

スローに巻いてもアクションするヘビーシンキングミノーは中々ありません。スロー巻きは特にシーバス狙いに有効です。使い方は非常に簡単で、投げて巻くだけ。巻くだけでバババババと強烈な波動がシーバスにアピールします。HUミノー111Sよりもレンジ的に深い場所を攻めれますので、シーバス狙いでは攻めるレンジでの使い分けもありです。

 

1 / 2
次へ