ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今江克隆のルアーニュースクラブR「2022年の新作ビッグベイトを公開!レイジーハードボディ230」の巻 第1077回

連載:今江克隆のルアーニュースクラブR
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

現在、「Basser Allstar Classic KING OF KINGS(KOK)」トーナメントのために霞ヶ浦滞在中。

すでに3日目だが、聞きしにまさる厳しさに心折れる寸前であります。

ちなみに土曜日(11月27日)日曜日(11月28日)と延期開催されたJB霞ヶ浦シリーズでは、両日ともに120艇ほどが出場したにもかかわらず、バスを釣ってきたのは両日20名弱、その20名のうち80%が1匹という恐るべきデスレイクぶりを発揮していた。

この分ではオールスターも1本ビッグフィッシュ勝負になりそう……出場選手も9名と、上位入賞に意味はないので、優勝だけを狙った勝負をしたいと思います。

現在、霞ヶ浦ではオカパッリからのビッグベイトが大流行中。練習時に目の前で釣られたので、自分も釣り返しときました笑。ビッグベイトはもはや絶対マスターすべき最強のビッグフィッシュプラグだ

2022リリース予定のアイテムを紹介!

さて、いよいよ2021年も師走に突入。

本来ならフィッシングショーの準備でバタバタな時期なのだが、今年も横浜、大阪ともにリアルショーはコロナ禍で中止。

そこでボチボチとイマカツ的2022年リリース予定のコンセプトルアーについて紹介していこうと思う。

まず今年自分的に開発に一番力を入れたのが「ジャイアントスイムベイト」。

もうお馴染みの「レイジースイマー9インチ(レイジー9)」を筆頭に、「ジャバロンメガモンスター350」や「ジャバロンスーパーリアルエラストマー210」などなど、かなり様々なスイムベイトを開発テストしてきた。

中でも池原ダムでのロクマル捕獲をはじめ、TOP50弥栄湖戦でもキールアーになった「レイジースイマー」は、新たなギミックを加えてほぼ完成しており、来年の6月ごろのデビューを目指している。

コチラに関しては、すでにメディアにも何度も登場してるので今回は、この「レイジー9」と同時進行していた「レイジーハードボディ230」について軽く紹介しよう。

「レイジースイマー9インチ」を、よりテクニカルに、完璧なサスペンド性能と精度がウリの「レイジーハードボディ230」

あと一歩で喰わせきれない……を解消する「レイジーハードボディ230」 その特徴を紹介!

1 / 3
次へ