ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【サーフアングラー必見】少量生産・限定モデル!「EARLY 109MMH Limited」について

みなさんこんにちは!ヤマガブランクス広報部です。

日本各地で人気沸騰中のサーフゲーム。手軽なアクセスながら、ヒラメを代表するフラットフィッシュゲームにシーバス、青物、海アメ、海サクラ…など、地域や四季折々のターゲットを楽しめることが魅力ですよね。

また、手軽と言いながらもサーフという見た目の変化が乏しい中で波の立ち上がり方を観察して地形をイメージしたり、波と地形によって発生するカレントを読み解いたりと奥深さも持ち併せたのがこのサーフゲームです。

手軽なアクセスの中に奥深さがあるこのサーフゲームの魅力にハマり込み通い込む方も多いかと思います!

現在のYAMAGA Blanksロッドラインナップの中で、大人気のサーフゲームに特化したロッドは「EARLY for Surf」シリーズが5機種。更にメンバーズ様限定の「リミテッドモデル」が3機種プラスされています。

今回は、「EARLY Limitedモデル」について軽くご紹介と、その中で12月に再販予定のEARLY 109MMHをピックアップしてご紹介させて頂きます。

 

EARLYリミテッドモデルとは?

EARLYリミテッドモデルとは、「EARLY for Surf」シリーズの中で10ftクラススピニングモデルのEARLY103M・EARLY109MMH・EARLY105MHの3機種をベースにパーツ類や仕様をブラッシュアップしたチューンモデル。こちらは、YAMAGA Blanksメンバーズサイトでの限定販売となり生産数も少量となります。

 

ガイドの仕様について

ロッド全体の仕様を再構築する中で、キャストフィーリングと使用感の違いが顕著に表れるガイドに着目。

スタンダードモデルはSic-SステンレスフレームKガイド仕様となっておりますが、これをSic-SチタンフレームKガイドへ換装しました。バットガイドにはRVガイドを採用することでキャスト時にリールのスプールから放出されるラインの収束と糸抜けを向上。

またチタンフレームによる軽量化がキャスト後のブレが収束するスピードが上がるので、キャストにキレとシャープさが増します。また、リトリーブ時の感度も共に向上します。

 

グリップの仕様について

グリップ仕様もセパレート仕様へ変更しております。

リールシート位置を105MHは20㎜と109MMHは25㎜上へ転置することで、その分リアグリップ寸法が長くなります。よってキャスト時に引手の力が加えやすくなりロッドを曲げこみやすくなることで遠投性も向上。

また、リトリーブ時はホールド性が上がり、特に冬のサーフでの防寒で厚着した際にはこの長さがフィットしてきます。(※103Mのみスタンダードと同じ寸法)

 

デザイン

グリップエンドには、刻印入りのプレートを配し、塗装仕様はブラックを基調にレッドメタリックの「EARLY LTD」ロゴ仕様。

スレッドはブラックにレッドメタリックと、シルバーのピンラインを施しコスメ面でも所有感を満たすデザインを目指しました。

 

EARLY 109MMHの紹介とLimitedモデルとの比較

ヤマガブランクス公式「EARLY 109MMH」の詳細ページはこちら
ヤマガブランクス公式「EARLY 109MMH LTD」の詳細ページはこちら

 

静荷重比較で見る違い

静荷重比較をご覧になられても解るようにリールシート位置やガイド位置が変わることで曲がりの支点も変わってきますので、同じブランクであっても使用感自体は全く別物か?というほど大きく変化します。

一見、静荷重では109MMH LTDの方が曲がるのでパワーダウンのように見えますが、曲がりの支点が手元に近づく事により復元のレスポンス(張り)が上がるため、利点としてキャストと操作のレスポンスが向上します。

スタンダードモデルと比較した際に、キャスト時の振りぬけが軽快になることで長時間の実釣となる場合でも集中力の持続に繋がります。

 

サーフゲーム以外でも使える!オススメの使用例

サーフゲームがメインコンセプトとなる「EARLY for surf」シリーズですが、特に109MMH LTDはサーフ以外に10ft後半クラスの長さとロッドの特性を活かし磯マルや磯ヒラといったハードなシチュエーションでの使用もお薦めです。

特に磯ヒラでは、逆風を切りピンポイントでサラシを狙うアキュラシーが求められるゲームにおいても高いシュート力で狙い通りのポイントにルアーを送り出してくれます。

また、しなやかティップと負荷に応じてスムーズかつ粘り強く曲がる特性から、ヒラスズキゲームにありがちな低水温時・マイクロベイトで小型のルアーを好む傾向など、バイトの吸い込みが浅い状況を繊細なアプローチで1本1本を大事に獲らなければならないようなシーンでは特に活躍します。

 

お薦めの用途

・サーフゲームと磯やゴロタ場でのヒラスズキゲームやマルスズキゲームでの兼用として

・サーフゲームメインでスタンダードの109MMHを既にお持ちの方も、凪のシチュエーションで109MMH。やや向かい風の荒れたシチュエーションで109MMH LTDといった状況に合わせたお使い分けもお薦め

エリアにもよりますが、晩秋から春にかけて水温が下がりベイトの接岸と共に様々なフィッシュイーター達もサーフへ差してきます。これから本格化するサーフゲームのお供として気なる方は、下記の製品詳細ページもご覧になってみてください。

EARLY109MMH LTD詳細ページはこちら

※こちらの商品は公式オンラインショップのみでの販売となります ※オンラインショップでのお買い物には会員登録(→コチラ)が必要です ※EARLY109MMH LIMITED は限定生産となります (EARLY109MMH LIMITEDのブランクは現行品と同様です)

 

ヤマガブランクス最新情報はこちらからチェック→「YB BASE 2021
実釣動画ほかスタッフさんによる製品紹介番組「YBBC」も随時配信中→YouTube チャンネル「YAMAGABlanks

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)

釣竿製造の株式会社山鹿釣具のオリジナルブランドとして2008年に誕生したロッドメーカー「ヤマガブランクス」。より良い製品づくりを目指し、工場内で設計者と職人がコミュニケーションを取れるように、また多くのプロトロッドのテスト・改良をスピーディーに繰り返すために、ブランクの設計・巻きつけ・塗装・組み立て・出荷まで全てを国内自社工場で一貫生産し、その高品質なロッドに定評がある。