ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【サイズはダウンしても水面爆発力はアップ】2021年11月末登場予定!メガバス「メガドッグ180」

一度見れば忘れられない圧倒的存在感、メガバス「メガドッグ」

220mmで130gという圧倒的なサイズのビッグペンシルで、その超攻撃的な見た目とは裏腹に、シーバスのビッグベイトパターンや青物などで実績多数。

一方で投げられるタックルがなかった。大きすぎて使い切れる自信がなかった。なんて方もいたとか、いなかったとか。

さぁ、お待たせしました。いよいよメガドッグがシリーズ化、ダウンサイジングモデル登場です。

 

メガドッグ 180

2021年11月下旬頃登場予定

Length:180mm Weight:72g Type:FLOATING Hook : #1×3 (#4 Rings x 6) メーカー希望小売価格:3,600 円 (税別)

メガバス公式「メガドッグ180」詳細ページはこちら

 

あらゆるビッグフィッシュをフィーディングへと狂わせる

「表層のベイトがプレデターからターゲットとして選別される要素は何か?」について、海洋水産研究施設をはじめ、様々な視点から得たメガバス独自の研究成果をMEGADOGシリーズにはふんだんに盛り込んだ…というメガドッグシリーズ。

中でもメガドッグ180は、大物狙いに嬉しい貫通ワイヤーやパワースイベル、ダブルリング仕様の3フック、ダブル慣性バランサーシステムなどの基本スペックは継承しつつ、オリジナルにはできないことを追求、開発されたとのこと。

 

180mm、72gというサイズ感でオリジナルではカバーしづらかった、小規模河川でのピン撃ちや、エサとなるベイトのサイズにあわせたマッチザベイトに対応。また、スピニングタックルでも扱え、遠投も可能に。ボートでのナブラ撃ちなどはもちろん、ショアからの釣りにも対応するスペックとなっています。

 

特長①:ロングスライドアクション

特長②:ダブル慣性バランサーシステム(PAT.)

特長③:パワースイベル&ステンレス貫通ワイヤー

 

すでに釣果が続々と…

水面炸裂ゲーム!メガドッグの進化を体感せよ!【メガバス/メガドッグ180】

 

この投稿をInstagramで見る

 

川村竜太(@ryu_ta522)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

遠藤 真一(@shin1_endo)がシェアした投稿

 

 

カラーラインナップ

メガバスといえば造形美。その美しいカラーラインナップをとくとご覧あれ。

「GG」「GP」「SF」「PM」…メガバスルアーのカラー名に付けられた頭文字の意味

GG IWASHI

GG BORA

GG PINK IWASHI

WAGIN SABI AYU

M CHART BACK KONOSHIRO

M CHART HEAD

GG CHART BACK RAINBOW PB

GLX DOUBLE CHART

SHINTARO NATURAL

DOUBLE GLOW MULLET

PM SCALE RED HEAD

SPARKLE DO CHART

 

シーバスに、青物に、バスにも良いなんて話も。早く実釣で使ってみたいです!

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。