ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ZPIから展開中のバスロッド「アルカンセロッド」ワームゲームに対応したベイトロッド!

ZPIから展開中のバスロッド、「アルカンセロッド」

このアルカンセロッドシリーズはキャストにこだわりを置いたコンセプトで開発されています。

“狙ったスポットにどれだけルアーを正確にキャストできるかが釣果に直結する”を基にキャストのしやすさを追求。

「釣る」という最終目標から逆算し、各モデルに必要な強さ、テーパー、各種パーツのベストセッティングが導き出されています。

アルカンセロッドは3タイプのモデルが展開

バーサタイル・ジグ&ワームモデル・ファーストムービングモデルの3タイプが展開され、それぞれ2機種ずつの6種類が展開されています。

モデルはすべてベイト仕様。

今回はバスフィッシングに欠かせない、ジグ&ワームモデルをピックアップしてご紹介していきます。

ジグ&ワームモデルは、7gシンカーまでのワームリグ全般をカバーするALC–JW69MHSTと、カバーゲームに対応したALC–JW70Hの2機種となっています。

 

他のタイプの記事はこちら

秋のマキモノにはこのロッド!ZPIのバスロッド「アルカンセロッド」FAST MOVINGシリーズ

ZPIから展開中のバスロッド「アルカンセロッド」通年で活躍するバーサタイルモデル2機種をピックアップ!

7gシンカーまでのワームリグ全般をカバーするALC–JW69MHST

スペック
製品名 全長 仕様 ルアーウェイト ライン 価格(税込)
ALC–JW69MHST 2.05m(6フィート9インチ) グリップ着脱タイプ 1/4 ∼ 1oz  8 ∼ 16lb ¥40,700

このALC–JW69MHSTは7gシンカーまでのワームリグ全般、ノーシンカーリグ、フットボールジグなど軽量リグに特化したロッドです。

アルカンセロッドの中でも特に個性的な一本で、シリーズ唯一のソリッドティップを採用しています。

ロッド全体はシャキッとした高弾性ブランクス素材になっていますが、ティップの部分はあえて少しだるさを残したテイストに仕上がっています。

この少しだるさがを残したのがポイントで、反発の弱いティップにすることでバスに違和感を与えにくく、特に違和感に敏感なタフコンディション下でもバスがワームを離しにくくさせる狙いとなっています。

また、ブランクは高弾性素材のためアングラーにはアタリを感じ取ることができるので、フッキングも決まりやすくなっています。

ウィードやアシのような柔らかいカバーとの相性の良いソリッドティップ

ソリッドティップのメリットがウィードやアシのような柔らかいカバーと相性が良いこと!

カバーにワームがまとわりつくように繊細に操作しやすく、生き物っぽさを演出が可能です。

リグに関してもライトテキサス、ヘビダン、リーダーレスダウンショット、カバーネコ、ノーシンカー、フリーリグ、フットボールと幅広いワーム系リグに対応しているので、ソフトルアーを使用するゲームには欠かせない一本となっています。

 

シリーズの中核をなすパワーバーサタイルロッドALC–JW70H

モデル 全長 仕様 ルアーウェイト ライン 本体希望価格(税込)
ALC–JW70H 2.13m(7フィート0インチ) グリップ着脱タイプ 3/8 ∼ 2oz  14 ∼ 25lb ¥42,350

このALC–JW70Hはカバーコンタクトを主軸に開発された一本で、1/2オンス以上のヘビージグや3/4オンステキサスリグなどに最適なロッドです。

同じくジグ&ワーム系のJW69MHSTと比較しても真逆の性能で、ロッド先端まで硬さがあり、立木・ウッドチップといったヘビーカバーエリアに特化した性能となっています。

短めのグリップ設計に取り回しの良い7フィートというレングスになっているので、スキッピングやピッチングといった操作も容易です。

#5/0∼#7/0サイズの特大フックでもロッドパワーを活かし、フッキングを決めることができるので、5インチクラスギル型ワームや、8インチクラスシャッドワームにも最適!

ラインに関しては20ポンドがベストマッチ!

ZPI公式アルカンセロッド詳細ページはこちら

オカッパリでもボートでも使える汎用性ベイトリール!ZPIの「アルカンセリール」

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。