ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ZPIから展開中のバスロッド「アルカンセロッド」通年で活躍するバーサタイルモデル2機種をピックアップ!

ZPIから展開中のバスロッド、「アルカンセロッド」

このアルカンセロッドシリーズは6機種が展開され、バーサタイル・ジグ&ワームモデル・ファーストムービングモデルの3種類に分けられます!

現代のバスフィッシングは年々、繊細さが求められ、キャストの精度が非常に重要視されています。

このアルカンセロッドは全てはキャストから始まるを信条に、最終目的である「釣る」から逆算し、各モデルに必要な強さ、テーパー、各種パーツのベストセッティングを導き出し開発がすすめられました。

今回は陸っぱりアングラーはじめ最も手にする人が多いであろう、バーサタイルモデルをピックアップしてご紹介していきます。

バーサタイルモデルは、プラグからワームまで対応するALC–V610M、1/2オンス∼178mmクラスビッグベイトまでのプラグ全般を対応するパワーバーサタイルロッドALC–V72MHの2機種となっています。

バーサタイルの王道スペックALC–V610M

スペック
製品名 全長 仕様 ルアーウェイト ライン 価格(税抜)
ALC–V610M 2.08m(6フィート10インチ) グリップ着脱タイプ 1/4 ∼ 1oz  8 ∼ 14lb ¥37,000

シリーズの中核をなすパワーバーサタイルロッドパワー:ミディアム
テーパー:レギュラーファースト

このALC–V610Mはプラグからワームまで、8∼20g前後のルアー全般に対応するバーサタイルロッド。

レングスも6フィート10インチと取り回しに長け、しなやかなティップにルアーの重みを乗せてスムーズにキャストができる設計になっています。

ティップ自体もチューブラ仕様で、しなやかさと障害物回避性能の両立がされています。

最もバットは十分なパワーが備わっているため、シャロー∼ミディアムクランクとの相性も良く通年通して欠かすことができないロッドといえるでしょう。

オカッパリでの使用も重視し、抜き上げに必要十分なバットパワーも備え、キャストもオーバーヘッドでの遠投が可能。

ワーム、プラグ問わず万能に使えるスペックで、どんなルアーでもかなり高いレベルで使いこなせる優等生ロッドになります。

シリーズの中核をなすパワーバーサタイルロッドALC–V72MH

モデル 全長 仕様 ルアーウェイト ライン 本体希望価格(税込み)
ALC–V72MH 2.18m(7フィート2インチ) グリップ着脱タイプ 3/8 ∼ 1½oz  12 ∼ 20lb ¥42,350

このALC–V72MHは1/2オンス∼178mmクラスビッグベイトまでのプラグ全般、5/8オンス以下のシンカーを使ったワームリグ各種や、5インチ前後のシャッドテールノーシンカーまで幅広く対応するパワーバーサタイルロッド。

オカッパリからボートまで幅広く活躍し、ライトテキサスなど強いフッキングが必要な釣りとは特に相性が良く、長さを活かしたロングストロークのフッキングも抜群です!

V610Mとの使い分けのポイントは使用するラインの太さ、10∼12ポンドはV610M、14∼16ポンドを使う場合はV72MHの組み合わせがオススメ。

ルアーに関しても、ビッグベイトや大き目のハネモノ等のプラグ類、3/8オンス前後のジグ、4インチクラスギル型ワームのライトテキサス等、強いフッキングが必要な釣りとは特に相性が良くなります。

重いルアーをバックハンドで投げる際には、長めに設定されたグリップエンドを肘に当ててキャストするとコントロールしやすいなど、キャストシーンの細部にまでこだわった設計になっています。

陸っぱりはもちろん、ボートでも使用することができるので、V610Mと並んで通年で活躍します!

ZPI公式アルカンセロッド詳細ページはこちら

オカッパリでもボートでも使える汎用性ベイトリール!ZPIの「アルカンセリール」

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。