ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

SNSでも釣果報告が止まらない!ティムコのジョイント式ビッグベイト!「MB-1カスタム175F」

ティムコから展開中のビッグベイト、「MB-1カスタム175F」

この「MB-1カスタム175F」は、ルアービルダー井佐知之氏のハンドメイドウッドプラグをティムコがABS化したジョイントタイプのビッグベイトルアー。

昨年情報が解禁された時から大きな話題を呼びました!

発売されてからも多くのアングラーの心を鷲掴み!

出典:ティムコ公式スタッフレポート詳細ページ

連日、SNSなどでは「MB-1カスタム175F」での釣果が数多く投稿されています。

今回はそんな今注目の「MB-1カスタム175F」の性能を改めて紹介していきます。

これまでの開発秘話や性能の記事はこちら

2021年注目の新アイテム!ティムコのリップ付きジョイントビッグベイト!「MB-1カスタム175F」情報解禁!

注目のティムコのジョイントベイト!「MB-1カスタム175F」のアクションの様子が公開中!

発売まであと少し!ティムコ注目のビッグベイト「MB-1カスタム175F」のカラーが発表!

 

 

アングラーの意思をアクションに反映させるジョイント可動域調整システム「NTD SYSTEM」です。

出典:ティムコ公式「MB-1 CUSTOM 175F」詳細ページ

この「MB-1カスタム175F」の代名詞ともいえる性能が、ジョイント可動域調整システム「NTD SYSTEM」。

NTDとは、
N=Normal mode
T=Tight rolling mode
D=Dead sticking mode
の3タイプのアクションをジョイント部のビスを挿し替えることでモードチェンジができるという画期的性能です。

従来のビッグベイトであれば、リトリーブスピードによるアクションの変化が主体でしたが、この「NTD SYSTEM」があることでアングラーのこうしたいという動きを再現させることができます。

写真上がノーマルモード、下がタイトローリングモード

基本となるノーマルモードであれば、よりベイトらしいナチュラルな動きを再現し、タイトローリングモードであればテールパーツの動きが小さくすることで、ボディ全体が左右に揺れ動きミノーライクな動きに変化。

トゥイッチやジャークといった、強めの動きにも対応するなど、リトリーブ主体からアクションでの誘いに切り替えたいときに有効となります。

対して、デッドスティッキングモードは非常に個性的で、可動域が最大90度まで広がることで流れや風に漂わせて誘うような、いわゆる放置的なアプローチが可能となります。

特にセットになっているフェザーフックとの相性がよく、水の抵抗を受けることでルアー全体の動きがより滑らかになるため、ストップモーションでテールだけ動かすといったテクニカルなアプローチも可能になります。

アクションの様子はこちらの動画をチェック

ジョイント部はビスが2ヵ所に設置された安心設計!

ジョイントタイプというとキャストやアクション時にパーツが外れるリスクもありますが、この「NTDシステム」ではネジ止めが上部分と中間部分に2ヵ所に設置された安心構造。

ネジ止めが上部分と中間部分に2ヵ所に設置されているため、激しい動きや衝撃にも外れる心配はありません。

カラーラインナップとスペック

Length: 175mm
Weight: 1.5oz (40gクラス)
Type: Floating
Hook: デコイYF33F#2 標準装備
Option: デコイYF33F#2 フェザーフック×2、シリコンスペアーテール付き

希望小売価格:4,730円(税込)

ティムコ公式「MB-1カスタム175F」詳細ページはこちら

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。