ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

メガバスグループCEO伊東由樹が「i-WING TRIPLE FRY」と「VALKYRIE World Expeditionシリーズ」で2021年度グッドデザイン賞を受賞!

釣り人にとって嬉しい、そして誇らしいニュース!

 

メガバスグループCEO伊東由樹が「i-WING TRIPLE FRY」と「VALKYRIE World Expeditionシリーズ」で2021年度グッドデザイン賞を受賞

ルアーデザイナー、そしてロッドデザイナーとして知られるメガバスグループCEOの伊東由樹さん。

一昨年はモバイルロッド「トライザ」で。そして昨年は第5世代のデストロイヤーシリーズで2020年度グッドデザイン賞を受賞と大いに沸きましたが…

なんと、なんと! 巻くだけで魚の群れを演出できるi-WING TRIPLE FRYVALKYRIE World Expeditionシリーズで「2020年度グッドデザイン賞」を受賞したとの一報が!!!

 

これまでも、釣り道具の素晴らしさを、釣り人はもちろんのこと、釣り人以外の人にも知ってもらいたいとの思いで、数々のデザイン賞にチャレンジしてきた伊東由樹さん。

1997年の「POPX」「LIVE-X LEVIATHAN」を皮切りに、これまでに「グッドデザイン賞」を20年以上にわたり受賞、その受賞作品は200アイテム以上にも。そして「IFデザインアワード」は2018・2019・2020・2021年と4年連続で受賞という快挙を成し遂げているんです!

伊東由樹(YUKI ITO ) プロフィール

30数年にわたり世界各地のメディアで驚異的釣果を叩きだしてきた伝説のカリスマアングラー。 アーロン・マーティンスをはじめ、数々のトッププロを育て上げ、エドウィン・エヴァース、クリス・ザルディン擁するトーナメントプロチーム「メガバスSTW」の初代監督を務め、3度目のバスマスタークラシック制覇とAOY(アングラーオブザイヤー)獲得に貢献。 米国法人MEGABASS of America Inc.初代CEOを務めた。現アイティオーエンジニアリング・フィッシングアドバンスドテクノロジー最高技術顧問。 ㈶ジャパングッドデザインアワードでは、200作品を超えるアワード受賞作品をプロデュースするフィッシング/スポーツ用品カテゴリー最多受賞デザイナー。 国際的に最も権威と歴史あるIFデザインアワード(ドイツ・ハノーバー)では、日本人初の快挙となる2018-20年連続受賞デザイナーとして、メガバス、アピア、I×I(アイバイアイ)をはじめ、数々のフィッシングブランドの名作を手掛けている。 メガバス㈱グループ創業者。

 

受賞作品はこちら!

i-WING TRIPLE FRY

出典:YouTube「Megabass Channel」

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

製品概要

世界のバスフィールドを席巻する大人気のiウィングシリーズの、タフな状況下ほど不思議な必釣パフォーマンスを発揮する「トリプルフライ」。極薄成型された左右のベイトフィッシュウィングは独特のしなりを生み、デッドスローリトリーブでは生命感あふれる微細でなまめかしい波動を発生。本体ボディのローリングダンスとジョイントされたフロートテールが相まって、まさに複数のベイトが水面でもがき、纏(まと)い合うフィッシュボールを演出。スローに引けば引くほど、沈黙していた水面が突如として爆発する前代未聞のパニックベイトです。

 

VALKYRIE World Expedition

製品概要

ヴァルキリーワールドエクスペディションは、超軽量・高感度カーボンと高伸度グラスファイバーを 4 層にレイヤード。グラス特有の粘りにより重量級ルアーのウエイトをロッド全体で受け止め、カーボンマテリアルの驚異的な復元力でキャスティングパワーに昇華。マグナムサイズルアーを容易に振り抜ける強靭なシャフトを実現しました。また、2 種類のマテリアルの相乗効果による圧倒的なパワーとトルクは、ターゲットの強烈な引きを捻じ伏せます。モンスターの暴力的な突進やエラ洗いにも柔軟に追従するグラスマテリアルは、バラシのリスクを大幅に軽減。皮一枚のフッキングでも身切れを防ぎ、高確率でランディングまで持ち込みます。数少ないチャンスを確実に掴み、価値ある一匹を獲るためのマルチピースシャフトです。

 

グッドデザイン賞とは

1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

http://www.g-mark.org/

これまでの受賞年表

こうやって改めて見ると、どのルアーやロッドも一度や二度は使ったことあるような名作ばかり。

最初に受賞した97年といえば記者はまだ小学生のバス少年で、子どもながらにメガバスってすげーなぁ…と。当時の憧れを今こうやって記事にできるのはホント嬉しい限り!!!

今後の活躍にも大大大注目です!

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。